バラ

マンガとかラノベ等の感想ブログ

マンガ、ライトノベル、アニメ等の感想を書いているブログです。漫画やラノベの発売日情報も載せています。

最後に勝利するヒロインは…「この島には淫らで邪悪なモノが棲む」 最終9巻 感想 

この島には淫らで邪悪なモノが棲む(9) (電撃コミックスNEXT)
原 つもい
KADOKAWA (2018-07-26)
売り上げランキング: 4,285


この島には淫らで邪悪なモノが棲む 9巻 感想です。


エロティックな風習が残る田舎の限界集落を舞台としてサスペンスものだと思って読み始めた本作も、UFOなどSF要素も登場して創大な様相を呈する展開となりついに完結巻。


ここまで語られなかった物語の謎の説明のためか、読者が期待しているシーンはこれまでよりはやや控えめ。

でもカラー扉絵は綺麗だったし、挟めるところにはきちんと挟んでくる「淫ら」なシーンは本作の見どころと言えよう。

DSC_0678 - コピー

さて現在の時間軸で火炙りで処刑されようとしている一郎太。身体を奪われただけの主人公にとっては災難でしかないし、まさかこのまま最後まで主人公本来の人格が登場しないとは思いもしなかった。

現代に蘇った一郎太がここまで恨まれているのは、かつて敵の大群が攻め込もうとしている中、民と星を犠牲にしてでも愛する人の蘇生を優先しようとしたからだった。一見病んでしまっての行動に見えるけど、元々サイコな性格な気がしてならない。

DSC_0679 - コピー

最後まで創造主である一郎太を信じていた村長にしてみれば自分たちを使い捨ての玩具のように扱うのには激おこだろう。

DSC_0683_20180725213027f67.jpg

かつての一郎太の最期は村民と地球を犠牲にしようとすることを良しとしない姫長の手引きにより、敵将に打ち取られるというものだった。

DSC_0680_20180725213025cbf.jpg

姫長的には苦渋の選択であったからこそ、現在の時間軸で火炙りにされそうな一郎太を守ることに必死であったというわけね…

姫長の思惑通りに行きそうな中、このタイミングで突然姫長のボディとなっている人格が目覚めてしまった。しかも狂気に満ちていて、だからこそ自らを拘束していたらしい。

DSC_0684 - コピー

ほんと突然でどうしてこんなタイミングでって感じだったけど、こんな状況だからだろうかね。特に説明はなし。

シリアスなシーンでも女性陣が乳房をさらけ出しているがそんなに気にならない。

身体の主導権を取り返された狂気モードの姫長はそのまま目的を果たすことなく、被害を抑えるためについには討ち取られてしまった…

姫長は報われないし、ここまで被害甚大で一郎太もさすがに精神的に消耗しているようだった。

しかしそんな一郎太を助けに来たのは1巻からの正ヒロイン ハルさん。しかもその正体はかつて民や星を犠牲にしようとしてまで助けようとしたマハさんであった。

精神ズタボロの一郎太に甘くて優しい言葉をかけ全てを包み込む暖かさにバブみを感じるねw

DSC_0685_20180725222723f53.jpg

ハルは物語開始当初から中身はマハであった。生命維持装置に繋がれたままただ生きていただけだったマハはカルマ落ちしたハルのみが話し相手であったそうだ。そんな中ハルは10年間の身体のレンタルを提案し、ハルの身体を借りたマハは現世を楽しんでいた。

10代の10年間をプレゼントとかハルの本来の人格もだいぶおかしくなっていたんだね。

そしてハルがマハの肉体と一緒に死亡していたのは未来を信じていなかったかららしい。この物語で一番可哀そうなのはハルかもしれない。

DSC_0686_20180725222724510.jpg

マハに助けられた一郎太は一緒に宇宙に旅立った。その後村がどうなったのかわからないし、前述の通り主人公が登場することはなかった。主人公だと思っていた人物はあくまで一郎太の一部でしかなかったのかもしれない。

最後は愛し合う二人で、この物語を表すぴったりな一コマだったと思う。

DSC_0687_20180725222725e16.jpg

個人的な評価
★★★☆☆

関連記事


下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング
ついに完結しましたね。ただ、コピー一郎太と35話のゾンビの事を考えるに打ち切りになったのは間違いないみたいです。全部本土の人間達が原因とか、あまりにもありきたり過ぎる設定が嫌でしたね。前にも言いましたが、この作品にはところどころいい加減なところがたくさんあります。

梶浦の一人称も俺のままにしてほしかったです。


[ 2018/07/25 23:20 ] [ 編集 ]
何よりタイトルの「この島には淫らで邪悪なモノが棲む」とは何だったのか。35話までの設定は明らかに違ってます。コピー一郎太もゾンビを動かすようなこと言っていたのに・・・・打ち切りなのは間違いないため、全部省略、なかった事になった設定もあり、そこが私はすごく残念に思いましたね。
[ 2018/07/25 23:24 ] [ 編集 ]
待ちに待ったハル=マハとのエッチは最高ですが、13ページか20ページでもっと長く描いてほしかったですね。宇宙船内で足を持ち上げてるあたり、梶浦はまだやるんでしょうがwwwww

そして欲を言えば、打ち切りでなければ、もしくは210ページを超えるページかで、化け物コピー一郎太、ゾンビ、ハーレム、女衆の魂解放、蒔絵と再会して、梶浦とマハと蒔絵の3人で生まれ変わった新しい世界を見て終わるとかしてほしかったです。35話までの初期路線はその可能性が高かったみたいなので。
[ 2018/07/25 23:32 ] [ 編集 ]
モノも、初登場時のまともさはどこに行ったのか。ハルを私のハルと言うなど、恋愛感情を抱いており、自己中心的な役立たずキャラとして描かれ、定期船も出ないまま終わってしまいました。何より気安くどうでもいいというセリフを使うのが不快でした。もっとも、そのセリフを使い続けた代償としてカルマ落ちのハルにとってモノこそがどうでもいい存在だった事を知りますが。この失敗したキャラだと私は思ってます。
[ 2018/07/25 23:41 ] [ 編集 ]
伊喜島のその後も描いてほしかったです。男衆を定期的なメンテナンスとして体を再生させるシステムがある宇宙船が飛んでいき、女衆の魂魄に必要な呪いの樹のアクセス権を持つ蒔絵がいなくなった今、彼らは自ら生命維持のチューブを外してマハとして死んだハル同様、死を選ぶと思います。人を殺し続けて、今になって普通の人間として残りの人生を生きられるとは思えないので。
[ 2018/07/25 23:51 ] [ 編集 ]
もちろん、これも打ち切りの弊害で初期路線通りだったら、男衆はコピー一郎太に惨殺されてゾンビ化、女衆はビクンビクン快楽漬けにされて裸のゾンビになったのではないかと思います。そして、コピー一郎太が分身して女衆とエッチするとか。
[ 2018/07/25 23:54 ] [ 編集 ]
本来であれば、コピー一郎太は蒔絵か、夜戸竹蔵の死体を肉体として活動、梶浦と神通バトルするとかだったのでは? そして、コピー一郎太の肉体を破壊後、クライマックスでハルとエッチして絶頂で呪いの樹にアクセス、女衆の魂を解放、呪いの樹のシステムを停止、コピー一郎太を完全消滅させて蒔絵と共にマハの母星へ。生まれ変わった世界で新しい人生を生きる本物のハル、海、夜戸竹蔵、村長竹蔵、キユ、モノ、吾作、女衆サブリーダー、小百合、男衆達、女衆達、そして菅野、深田教授・・・・そういうのを期待してました。
[ 2018/07/26 00:04 ] [ 編集 ]
帯のハル、あとがきで原つもい先生は「最後まで読んでくれてありがとう」と言ってますが、その言葉はこんな形で聞きたくなかったです・・・・事実上、打ち切りなので。また欲を言えばあとがきで全裸の女性陣描いてほしかったですね。
そして、たぶん無理でしょうが、この島の続編、もしくは35話までの初期路線のIFルート、コピー一郎太、ゾンビ、女衆ハーレム、長いページでマハと蒔絵とエッチする話とか出ないかなあ・・・としつこく思っています。
[ 2018/07/26 00:12 ] [ 編集 ]
あと40話で吾作に殴られた痕がいつまでもある梶浦の顔が気に食わなかったので、感想ハガキに9巻の後日談、ハルとのエッチの時は治っててほしいと書きましたが、エピローグでは願い通り、治っててよかったです。でも、仰る通り読者の期待しているシーンが控えめなのがやや残念です。マジで打ち切りでなければ・・・・・・・・

いつの日か、この島 真・完結編が描かれる事をどうしても祈ってしまいます。

[ 2018/07/26 00:22 ] [ 編集 ]
そして、激しく熱く愛し合う梶浦一郎太とハルマハですが、私もこの物語を表すぴったりのシーンだと思います。またまた欲を言えば、もっともっと長いページでこのシーンを描き、そして再会を果たし、宇宙人の技術で肉体を得た蒔絵と3人でエッチしてほしかったです。
[ 2018/07/26 00:27 ] [ 編集 ]
あと梶浦が主人公だと思っていた人物ってwwwwwwww
梶浦と一郎太は一部というか、同一の存在で間違いなく主人公です。ただ、一人称と人格が一郎太になったのも打ち切りの影響みたいです。18話では今に思い出すとハルが言ってますが、それでも俺のままがよかったです。
[ 2018/07/26 00:52 ] [ 編集 ]
またマハの本名ですが、エピローグではマハ・キリシガル・イェールライトとなっていて、35話のマハ・リンベンデリウスという名前がなぜか変わっています。唐突にこんな変更やるんだったら、なおのこと初期路線描いてほしかったです。いったい何の意味があったのか。

とにかくこの島は作品として、いい加減かつ中途半端、意味不明なところも多かったですね。
[ 2018/07/26 01:02 ] [ 編集 ]
amazonレビューも見ましたが、案の定、不評と酷評。
読者が期待していたのと全然、違っていたのが一番の要因。
もう少し、どうにかならなかったのか。

マハとのエッチのおかげか、評価は星1レベルですが、巻を追うごとに尻すぼみ、ストーリーは最低レベル、読者によっては胸くそエンド。そう思っていたのは私だけじゃなかったんですね・・・・。
[ 2018/07/26 12:15 ] [ 編集 ]
さっきもまたamazonレビュー見ましたが、私と同じ考えの人がレビューしてましたね。

読者はこんなのが見たくて読んでるんじゃない、作者は反省するべき、作者の脳内設定をただ、えんえんと聞かされているだけなどいろいろ的確でした。

すでに私も前から予想していましたが、結局、この島は失敗作として終わったとしか言えません。
[ 2018/07/26 19:32 ] [ 編集 ]
この作品打ち切りなんですね。
人に読んでもらわなくてはならない商業誌として、至らぬ点があったのが最大の原因なんでしょうね。
作画と初期の初期の設定は評価していたのですが、次回作に期待します。
[ 2018/07/28 16:44 ] [ 編集 ]
じゃいろぺりんさん 

ストーリー重視と言えば聞こえはいいですが、この作品にはそんな言葉が介入する余地も価値もなく、何より使うのももったいないと思ってます。

設定もどこか水増しで、本当にこれを買って、読んできた読者のみんなの時間を返してほしいというか・・・・ツイッターでは、POP書いてる人は仕事上仕方ないとはいえ、かっこいい手書きPOPでこれが紹介されたり、電撃大王9月号では「担当推薦!夜戸の秘められた欲望が赤裸々に描かれます」と広告。それだったら、もっと長くハルとのエッチシーン描いてほしかったですね・・・・。

[ 2018/07/28 23:52 ] [ 編集 ]
大王連載時から打ち切りの兆候が見え、8巻の38話からまさにゴミになったとはっきり言ってる読者もいます。私も何度も何度もハガキで9巻で長い後日談描いて300ページになりますよね?絶対にしてください!!と我ながらバカみたいに書きましたね・・・

amazonでの酷評レビューは目に見えていたので。さっきも4年間、この島をレビューしてきた読者さんのコメント見てきましたが、謎は一部明かされてもあとは単なる辻褄合わせ、一郎太抹殺に決起した男衆のところで作者の面倒臭さ、それに伴う打ち切りを見抜き、何もかも突っ込みどころだらけとすべて的確でした。
何より数ページのエッチのおかげで星1。あんまり幕引きと酷評していました。

我々、読者の4年間はいったい・・・
[ 2018/07/29 00:32 ] [ 編集 ]
あとじゃいろぺりんさんがおっしゃる通り、作画と35話まで初期設定は間違いなく評価できます。まあ、その時点で雑なところはありますが。35話では自爆システム、一郎太のゾンビとそこからワクワクしましたね・・・・

おそらく過去設定もかなり違い、コピー一郎太が真の元凶だったかもしれません。もっとも原つもい先生がそこまで考えていたかどうかもありますが。

確かにこの物語で一番かわいそうなのは本物のハルかもしれませんね。カルマ落ちとなった事で記憶をなくし、誰一人分かち合える仲間がいなくなったと思います。この設定はうまいですが、やっぱ打ち切りを考えると・・・・
[ 2018/07/29 12:37 ] [ 編集 ]
発売から一週間経ちますが、思い出すたびにつくづく残念に思います。

前にも言いましたが、35話までのコピー一郎太の設定を考えるに、たぶんSFホラーのエイリアンや仮面ライダービルドの地球外生命体エボルトみたいに大暴れして、男衆を殺害して神通か何らかの方法(宇宙ウイルスやナノマシンを感染させるとか)でゾンビ化、女衆には快楽を与えて殺害、裸のゾンビ化、もしくはエイリアンよろしくコピー一郎太の分身を産んで、コピー一郎太の正体はデジタル、データの樹の化け物とか。そういうルートを期待していました。
[ 2018/08/02 19:00 ] [ 編集 ]
何を最も見せたいのか、物語の軸を決めるだけでもだいぶ変わったかもしれませんね。
作者の頭の中の設定を書き殴るようにマンガにしただけでは置いてけぼりをくらう人がでてきますし。
[ 2018/08/02 21:16 ] [ 編集 ]
返信、またありがとうございます。

やっぱそうですよね。

時期的に2017年の5月か6月には打ち切りが決定したのは間違いなく、設定簡略化と初期設定をなかった事にしてしまい、おまけに35話までの話を置いてけぼり。最終的に梶浦一郎太とハルマハの感動の再会と数ページのエッチで終わらせることに。最後のエッチぐらいはガッツリ長く描いていれば評価も上がったのに・・・9巻が発売するまでそのへんはハガキを出して何度も指摘しましたね。どうしても原つもい先生に手抜きを感じてしまいます。
[ 2018/08/02 23:20 ] [ 編集 ]
梶浦とまたエッチするかもしれなかった六条キユは44話で傷の裸体を晒して再登場しています。状況に流されて、身体を交換するという約束をしていた助けられず、裸の立ってるだけですが。作者のツイッターには2枚イラストがあるのにあとがきには登場しないなど、キユも残念な扱いで終わってしまいましたね。

あと36話から登場している黒髪ロングの女衆もいますが、名前は明かされず、45話で蒔絵の身体の持ち主・美加が出てきた事を女衆サブリーダー(2話から登場している)に確認を取るために一言しゃべっただけで、彼女もハーレムエッチとかしてほしかったです。他にも名前が明かされない男衆、女衆もいます。初期路線通りだったら、呪いの樹とコピー一郎太から解放されて、本土の普通の人間として生まれ変わり、新しい人生を送る彼らも見られたかもしれません。
[ 2018/08/02 23:34 ] [ 編集 ]
ツイッターと電撃大王で作者の新たな次回作が告知されたので、一応コメントします。

タイトルは淫祠邪教の中に棲むモノ(仮)。一応、仮名です。

今度はエロティック・カルト・サスペンスで名前だけ聞けば、この島の続編っぽくも思えます。ですが、前作であるこの島の結果がアレでしたからね。

まあ私自身、次回作もエロで、なおかつこの島続編だったら・・・と望んでいたんで。
許していない読者もいるでしょうが、今度こそ、駄作のこの島の失敗と反省を活かしてほしいですね。また裏切ったらもう読まないんで。
[ 2018/10/27 00:30 ] [ 編集 ]
作画担当というわけでもなく普通に単身で新作なんですね。
前作で至らなかった点の改善と良かったところはさらに伸ばした作品を期待します。
[ 2018/10/27 00:38 ] [ 編集 ]
さっそく返信ありがとうございます。実際、作者がラノベかコミカライズ担当に回ったほうがいいという酷評がamazonにありましたからね。次は余計な事考えず、もしまた打ち切りになったら、人間のせいだとかいう誰でも思いつくクソ設定で終わらせないでほしいです。そして作者が今、どんな状況(酷評されている中)にいるのか、そこんとこもしっかり理解してほしいです。
というか、してもらわないと困ります。
[ 2018/10/27 01:04 ] [ 編集 ]
日本語は話せませんが、完全に蟹さんに同意していることを伝えたいと思います。私は新しい漫画がより少ない検閲と制限を持つことを望む。
[ 2018/10/29 19:22 ] [ 編集 ]
新作には期待したいですね。
[ 2018/11/01 00:23 ] [ 編集 ]
私の考え、というかこの島失敗作に同意する人がまた増えるとはwww

でも作者がちゃんと考えて、最後にガッツリエッチを描いていれば評価も少し違ったのに・・・そこが今でもムカつきます。

淫祠邪教ですが、姉弟がヒロインと主人公で、エロい事?が信仰の謎のカルト教団に連れてこられるところからはじまるみたいです。舞台は日本のどこかなのか、島なのか不明ですが、タイトルから考えて失敗したこの島のリメイクともとれます。
私としてはそれでもいいので今度こそガッツリエロと淫らで邪悪なバケモノ描いてほしいですね。この島で手抜きしたゾンビとハーレム、超能力バトルもあればもっと良いんですが。
[ 2018/11/08 00:45 ] [ 編集 ]
連載が始まり、正式な題名が決まったので一応言っときます。

タイトルは淫らな邪教に巣喰うモノ

さっそく読みましたが、クソ打ち切りでこの島でやらなかった事やガッツリエッチは・・・・たぶん、やりそうです。

もちろん、また同じ失敗をリピートしないか不安もありますが。
[ 2018/11/29 21:30 ] [ 編集 ]
同じような雰囲気の作品なんですね。
コミックスを楽しみに待つことにします。
[ 2018/11/29 23:24 ] [ 編集 ]
邪教も読む事にしましたか。それなら楽しみな分、不安もありますねwwww 同じような雰囲気なら今度こそ、やり直す形でもいいのでちゃんと描いてほしいですね。

グダグダ4年間ムダにして、この島は38、39、40、41、42、43、44、45、46、47話で打ち切りが決まり、作者自身が作品を勘違いして話の本筋や設定と全然関係ないクソ身の上話で終わったので。

そして、ゴミと酷評されるほどの駄作を見た不快感はどんなものか言うと、
作品をプラモデルなどの形ある物、伏線と設定を設計図に例えれば、観客に設計図をさんざん見せつけといてグシャグシャに丸めてゴミ箱に投げ捨て、作品は接着剤でいろんなガラクタをくっつけただけのゴミを見せられた同じ、非常に幼稚で子供じみたものでした。

それほどこの島はひどく、邪教もこんな風に描いてほしくないですね。
漫画の描き方としてはラクガキ以下の最低レベルなので。
[ 2018/12/05 09:56 ] [ 編集 ]
1巻だけは読む可能性が高いですが、レビューするかも2巻以降も買うかも未定です。
[ 2018/12/06 21:46 ] [ 編集 ]
やっぱあんなひどいオチで終わった作品描いたのでそりゃあ、不安もありますね。
さらに付け加えれば自分の作品に対して他人事って感じすらしてくるので。

とにかく単行本早く出るほどさっとさと描いて、ガッツリエロと化け物とバトル描く事を切に願います。釘を刺す意味でも酷評の感想はがきも送りましたが、それでちゃんと反省する事も望みますね。

あとツイッターで知りましたが、この島の失敗を知る読者達もちゃんと大王を読んでて、この人達も不安を拭えてません。
[ 2018/12/07 09:07 ] [ 編集 ]
今日で連載5年目、そしてもうひとつの打ち切り1年目になります。あの時は本当にいろいろ期待して読んでいたのに・・・時間とページをムダにして文字通りのゴミに。間違っても高評価、がんばったなどと言えず、厳しく酷評するしか他にありません。

何度も思いましたが、マジで作画とキャラデザは良いんですよね。初期設定もよかったのに今でも納得行きません。私はもちろん、作者が不自由な描き方しかできないんだったら、違うジャンルの作品を描くべきだと言ってる人だっています。現実問題、プロとしていろいろ響くはずなので。

それでも希望的観測ですが、宇宙関連ならこの島のキャラデザ流用、初期設定、ガッツリエロ、ハーレムを邪教でやって欲しいところです。
[ 2019/04/26 12:43 ] [ 編集 ]
プロの商業漫画家なら読者の期待に応えてくれると期待しましょう。
[ 2019/05/01 11:41 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2019/08/09 09:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

じゃいろぺりん

管理人:じゃいろぺりん
自己紹介:好きな漫画は ジョジョの奇妙な冒険 や よつばと!、デスノート など。欲しいものは文章力。

最近コメント返信できなくてごめんなさい。

地方在住のため書籍の入手が発売日より1~2日遅れるのが不利。

初めての方はこのブログの説明書をどうぞ。

相互リンクも募集中です。詳しくはコチラを見てください。

ブログランキング参加中。
せっ…せっ…押せっ!ざわ…ざわ…
にほんブログ村 漫画ブログへランキング

twitter始めました。

おすすめ
【Amazon.co.jp限定】名探偵ピカチュウ 豪華版 Blu-ray&DVDセット(Amazon.co.jp限定特典:日本オリジナルスチールブック付き)(メーカー特典:しわしわ顔ピカチュウ生写真4枚セット付き)
【Amazon.co.jp限定】名探偵ピカチュウ 豪華版 Blu-ray&DVDセット(Amazon.co.jp限定特典:日本オリジナルスチールブック付き)(メーカー特典:しわしわ顔ピカチュウ生写真4枚セット付き)

『ポケットモンスター ソード・シールド』ダブルパック -Switch【ダブルパック限定特典】ヨーギラスとジャラコとの特別なマックスレイドバトルができるシリアルコード2種&【Amazon.co.jp限定】オリジナルパスケース(リールストラップ付)同梱)&【予約者限定特典】「ポケモンひみつクラブ」のメンバーになれるシリアルコード &【Amazon.co.jp限定】金のボストン / リュックが先行入手できるコード 配信
『ポケットモンスター ソード・シールド』ダブルパック -Switch【ダブルパック限定特典】ヨーギラスとジャラコとの特別なマックスレイドバトルができるシリアルコード2種&【Amazon.co.jp限定】オリジナルパスケース(リールストラップ付)同梱)&【予約者限定特典】「ポケモンひみつクラブ」のメンバーになれるシリアルコード &【Amazon.co.jp限定】金のボストン / リュックが先行入手できるコード 配信

ポケットモンスター ソード -Switch &【予約者限定特典】「ポケモンひみつクラブ」のメンバーになれるシリアルコード &【Amazon.co.jp限定】金のボストン / リュックが先行入手できるコード 配信
ポケットモンスター ソード -Switch &【予約者限定特典】「ポケモンひみつクラブ」のメンバーになれるシリアルコード &【Amazon.co.jp限定】金のボストン / リュックが先行入手できるコード 配信

ポケットモンスター シールド -Switch &【予約者限定特典】「ポケモンひみつクラブ」のメンバーになれるシリアルコード &【Amazon.co.jp限定】金のボストン / リュックが先行入手できるコード 配信
ポケットモンスター シールド -Switch &【予約者限定特典】「ポケモンひみつクラブ」のメンバーになれるシリアルコード &【Amazon.co.jp限定】金のボストン / リュックが先行入手できるコード 配信

ねんどろいど TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」 ブローノ・ブチャラティ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
ねんどろいど TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」 ブローノ・ブチャラティ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

ラブライブ!  9th Anniversary Blu-ray BOX Forever Edition (初回限定生産)
ラブライブ! 9th Anniversary Blu-ray BOX Forever Edition (初回限定生産)

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 榛名 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 榛名 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

ファニーナイツ 艦隊これくしょん 艦これ 駆逐艦 ジャーヴィス 1/7スケール ATBC-PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア
ファニーナイツ 艦隊これくしょん 艦これ 駆逐艦 ジャーヴィス 1/7スケール ATBC-PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア

五等分の花嫁 中野三玖 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
五等分の花嫁 中野三玖 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

ゆるキャン△ 志摩リン with スクーター 1/10 完成品フィギュア
ゆるキャン△ 志摩リン with スクーター 1/10 完成品フィギュア

figma SSSS.GRIDMAN 宝多六花 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
figma SSSS.GRIDMAN 宝多六花 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

食戟のソーマ 薙切えりな ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
食戟のソーマ 薙切えりな ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

SSSS.GRIDMAN 宝多六花 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
SSSS.GRIDMAN 宝多六花 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

SSSS.GRIDMAN 新条アカネ 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
SSSS.GRIDMAN 新条アカネ 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

【Amazon.co.jp限定】ご注文はうさぎですか?? ~Sing For You~ (初回限定生産)(アニメ描き下ろしA2布ポスター[ココア・チノ]付き) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】ご注文はうさぎですか?? ~Sing For You~ (初回限定生産)(アニメ描き下ろしA2布ポスター[ココア・チノ]付き) [Blu-ray]
カテゴリ
ブログ内検索
アニメBlu-ray/DVDランキング
ホビーランキング
ゲームランキング
コミックス,ラノベランキング
コミックスランキング
Powered by fun9.net


ラノベランキング