バラ

マンガとかラノベ等の感想ブログ

マンガ、ライトノベル、アニメ等の感想を書いているブログです。漫画やラノベの発売日情報も載せています。

街の大量のケガレを一斉に祓うために祭を行うが…!?「かんなぎ」 11巻 感想 

かんなぎ (11) 特装版 (REXコミックス)
武梨 えり
一迅社 (2016-07-27)
売り上げランキング: 160


かんなぎ 11巻 感想です。

かんなぎ10周年だそうで、おめでとうございます。


仁に告白されたが、つぐみに気を使って自分の気持ちを抑え込み逃げ出したナギはざんげちゃんに保護されていた。そしてざんげちゃんの本名もナギであることが明らかになった。

DVC00013_20160727224214f61.jpg

昔のことも少し語られざんげちゃんがかなりの姉想いだとわかったりもした。

ざんげちゃんの宿主の白亜は失恋したことを友達に相談。

DVC00014_20160727224214b40.jpg

そしてそれがきっかけで白亜と内側にいるざんげちゃんのコンタクトが取れなくなってしまった。元々憑かれやすかった体質が改善したらしい。

DVC00015_20160727224217ce2.jpg

でもこれが大問題でナギは現在結界から出ることができず、ざんげちゃんも顕現できず、街には超大量のケガレが大集結していた。一般住民も不安がるくらいで、街は大ピンチに。

DVC00016_20160727224252d87.jpg

クモや蟲の形だったケガレは人型となり人間を襲う事案まで発生し始め、その駆除にはなんと紫乃が魔法少女みたいな恰好で当たっていた!

DVC00017_201607272242540ab.jpg

元々こういう力を持った家柄らしく、ナギ様顕現のタイミングくらいから裏で駆除作業を行っていたそうだ。日常パートのキャラだと思っていたのにマジかよ!超展開だな!

変身するときに一瞬全裸になることや、そもそもこの恰好を恥ずかしがったり切実なところは笑えたw

特装版の冊子では一般の人に姿を見られたときは貴子に協力してもらってコスプレ撮影のフリをしたりもしていた。


街のケガレを一斉に駆除するために、大祓という祭でざんげちゃんのライブをすることになっていたが、ざんげちゃんは現在顕現不可。

そこで仁は新たな神木で女神像を掘り、白亜ではない新たな御神体を作ることでライブの場でざんげちゃんを顕現させることに成功。

DVC00018_20160727224254d99.jpg

身体は白亜ではないため、胸のサイズや顔立ちはナギにそっくりだった。

引っ込み思案だった白亜もステージに立ち新たなざんげちゃんを二代目として紹介して自分は引退を宣言した。街の人にも受け入れられ順調な展開に思えたが、ライブでケガレを祓うにしたって、ざんげちゃんは歌がへたくそだったw

DVC00019_2016072722425722b.jpg

ギャグのような展開だが歌が下手なせいでケガレの駆除ができず本気でマズイ展開に…

ここはやっぱり本家ナギ様だろうか。仁のファインプレーに掛けるしかなさそうだ。

ここまでの物語を踏まえて、所々驚く展開があって面白かった。

個人的な評価
★★★★☆

関連記事


下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング
[ 2016/07/27 23:18 ] かんなぎ | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

じゃいろぺりん

管理人:じゃいろぺりん
自己紹介:好きな漫画は ジョジョの奇妙な冒険 や よつばと!、デスノート など。欲しいものは文章力。

最近コメント返信できなくてごめんなさい。

地方在住のため書籍の入手が発売日より1~2日遅れるのが不利。

初めての方はこのブログの説明書をどうぞ。

相互リンクも募集中です。詳しくはコチラを見てください。

ブログランキング参加中。
せっ…せっ…押せっ!ざわ…ざわ…
にほんブログ村 漫画ブログへランキング

twitter始めました。

カテゴリ
ブログ内検索
アニメBlu-ray/DVDランキング
ホビーランキング
ゲームランキング
コミックス,ラノベランキング
コミックスランキング


ラノベランキング