バラ

マンガとかラノベ等の感想ブログ

マンガ、ライトノベル、アニメ等の感想を書いているブログです。漫画やラノベの発売日情報も載せています。

かなこは最後まで道化…!? 最終回「まりあ†ほりっく」 14巻 感想 

まりあ†ほりっく 14 (MFコミックス アライブシリーズ)
遠藤 海成
KADOKAWA/メディアファクトリー (2015-02-23)


まりあ†ほりっく 14巻 感想です。

8年の歴史に幕。1巻発売当時から集めていたわけではないけど、また青春が終わって感じがする… アニメの曲好きだったなぁ…


最終巻はここ数巻のシリアス路線からの続きと思っていたが、ギャグも多く、平常運転のまりあ†ほりっくが読めてほっとした。最後にちゃんとこの漫画らしいギャグ展開が見れて良かった。

DVC00001_20150223201654c12.jpg

しかし、かなこが鞠也の祖母の形見のロザリオを壊してしまう事案が発生。

DVC00002_2015022320165629e.jpg

さらに鞠也が女子寮を出ていき、さすがのかなこも焦るが、何だかんだでギャグ漫画だったw

DVC00003_20150223201657403.jpg

雰囲気重そうなのに読んでみるとそうでもないから、面白い。

そしてこの作品の長らくの伏線であったかなこのロザリオのこともさらっと真実が明らかになった。ここまでの物語ですごく意味深だったのは、このさらっと流すというギャグの前振りだったのかw

DVC00004_20150223201658eaa.jpg

かなことロザリオの件は落着し、物語はクライマックスに向けて凛々しく強気な鞠也のターンがやってきた。鞠也が挑むは実家から送られてきたの謎の暗号の解読。ちなみに、この暗号はカトリック系の学校のクリスマスらしい素敵なもので最後に待つ感動の助けになっていた気がする。

DVC00005_2015022320170060c.jpg

結構複雑な暗号だったけど、無事解いた鞠也と静珠を待っていたのは死んだはずの祖母だった。

DVC00006_20150223204153620.jpg

自分の死を偽り、遺言で二人にこんなことをさせたわけなど、さすがに真面目な雰囲気で語られた。だけど寿命が残り幾ばくなのは真実で、最期に語った二人の孫たちへの愛は当事者にとっては感動的なものだったろう。

死んだと思っていた相手に逢えた上に、こんな照れくさいサプライズは嬉しいことこの上ない。

祖母の愛に泣き崩れる鞠也を見て、この物語の主人公は鞠也だったんだなぁと感じた。

DVC00007_201502232041547e3.jpg

かなこなんて、ジョーカーで道化のようなポジションだった。最後までw 通常版では最後まで表紙を飾れなかったのも当然だと思った。クライマックスでここまで蚊帳の外だし。

それでも最後まで頭の中がお花畑で、まったく成長しなかった彼女には大変笑わせてもらった。

個人的な評価
★★★★☆

関連記事


下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング
複線回収雑過ぎ
結局手紙には触れられなかったし
終わってしまったことも終わり方も残念でならない
[ 2015/02/28 02:37 ] [ 編集 ]
最終巻にしてはあっさりしてましたね。
[ 2015/03/01 17:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

じゃいろぺりん

管理人:じゃいろぺりん
自己紹介:好きな漫画は ジョジョの奇妙な冒険 や よつばと!、デスノート など。欲しいものは文章力。

最近コメント返信できなくてごめんなさい。

地方在住のため書籍の入手が発売日より1~2日遅れるのが不利。

初めての方はこのブログの説明書をどうぞ。

相互リンクも募集中です。詳しくはコチラを見てください。

ブログランキング参加中。
せっ…せっ…押せっ!ざわ…ざわ…
にほんブログ村 漫画ブログへランキング

twitter始めました。

カテゴリ
ブログ内検索
アニメBlu-ray/DVDランキング
ホビーランキング
ゲームランキング
コミックス,ラノベランキング
コミックスランキング


ラノベランキング