バラ

マンガとかラノベ等の感想ブログ

マンガ、ライトノベル、アニメ等の感想を書いているブログです。漫画やラノベの発売日情報も載せています。

無限の可能性はどこまで行ってしまうのか?コミック版「紫色のクオリア」3巻 感想 

紫色のクオリア (3) (電撃コミックス)
綱島志朗
アスキー・メディアワークス (2013-10-26)


劇場版まどか☆マギカの公開日にこの作品の最終巻が発売というのも運命的w


無限の可能性のガクはある起点となるガクが生まれ、それを元に過去と未来が決定されるということに気付き、ゆかりが死亡する以前の世界にやってくることに成功していた。

DVC00002_20131026230034105.jpg

これが前々からの疑問だったけど可能だったわけだね。

ところがどんなに厳重にゆかりを守ろうとしてもゆかりは誘拐され死亡してしまった。

転校してくるアリスを殺してもダメで別に人がやってきて、その人を殺しても同じで繰り返し。

さらにゆかりと出会う以前の幼女だった自分に可能性を託してみると、今度は魔法が使える可能性のガクに行き着き、魔法少女として将来ジョウントを結成するメンバーの抹殺する作戦に出たw

DVC00003_20131026230035d2b.jpg

こんなオカルトな可能性まで実現可能だなんて半端ないが、それでもこの魔法が使えるガクよりもゆかりが生きている世界の方が難しいのかと考えると絶望的な気持ちになる。

魔法少女がジョウントを結成前に潰しても似たような組織が立ちあがり結局ゆかりは死亡しダメであった。

ガクはちょっとした先祖の血縁から別人になることも可能で母や七実、ゆかりの母にもなってみたがそれでもダメ。

DVC00004_20131026230037b6f.jpg

ここまでやるともう見境ながい感じだ。

しかし結果としてゆかりの死亡にジョウントもガクの存在も関係ないことがわかってきた。そこで今度は人間原理に着目することにした。量子力学的で難しいけど、ゆかりの死が外界から観測されているがためにガクがどんなにあがいても結果が変わらないようだった。

この思想の元、ガクはゆかりが死亡してもその世界を続けてジョウントのトップにまで上り詰めていた。

DVC00005_20131026230039f5d.jpg

そしてアリスの協力の元、「万物の理論」の絵を完成させ、これによりガクは百数十億年過去に遡り誰からも観測されない宇宙の概念のような存在にまでなってしまった。アルティメットまどかを思い浮かべてしまうw

DVC00006_20131026230041243.jpg

これにより、ゆかりの死を観測する存在よりも外からゆかりを観測することで生存ルートへ確定させることに成功したかのように見えた。

ところが救われたゆかりはこんな存在となったガクを観測することができて、自分の運命を変えられるのは自分だけで、ガクには人の運命を変える権利はないと言い放った。

ここまでしたのにきっつい言葉だ。ガクは孤独な存在でもうゆかりしか残されていないし、そのゆかりが寿命で死亡したらもう何も残らない。そんなゆかりからこの言葉。

DVC00008_20131026230113c04.jpg

でもゆかりは冷たく突き放したわけではなく、あくまで友達でこんな存在となったガクを元の人間の可能性のルートに戻すことに成功した。

人間に戻ったガクは腕の携帯電話を破壊して可能性の自分との連絡を遮断。それに伴い共有していた記憶も薄れていた。

そして今度はゆかりの運命を変えるのではなく、ゆかりを支える存在になることを目指したのだった。

これでゆかりの死を回避できるとは正直思わなかった。ここまでしてもダメだったのにこの程度じゃダメだろう。巻末の手紙もそういうことだろう。


友人を救うために何度も世界をループして、目的のためなら他人だろうが友人だろうがあっさり殺すほどの見境のない行動を取るガクの見境の無さが面白い作品だった。

トライ&エラーがどんどん壮大になっていくし密度もあるし、原作で小説1冊、コミックたった3巻なのにかなりの読み応えがあった。

ちょうど「劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」の公開日でそれを見たばかりだから相乗効果で楽しめたw

個人的な評価
★★★★☆

関連記事


下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング
私はそうは思いません。
短編のタイトルにわざわざ「箱の中の~」と付けると言う事は手紙は未だ箱の中にあり、読めるのは読者だけだと受け取ったからです。
もし救えなかったのならこの手紙は(読者と一緒に)学に読まれているはずなので、タイトルはこうではなかったと思いますから。
で、今回は紫が自身の運命を認識し、立ち向かおうとしている。以前は学の独りよがりだったけど今度は一人じゃない(アリスや天条がいる)そして、悟った人の分身(プラモ)がいる。
今度こそ救えたはずです。でなければそもそもあの短編はいらないと思います。本編だけの時点で何も解決していないのだから。だから短編は紫の生存報告だと考えています。
[ 2013/11/16 12:52 ] [ 編集 ]
ハッピーエンドだといいのですが…
[ 2013/11/16 23:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

じゃいろぺりん

管理人:じゃいろぺりん
自己紹介:好きな漫画は ジョジョの奇妙な冒険 や よつばと!、デスノート など。欲しいものは文章力。

最近コメント返信できなくてごめんなさい。

地方在住のため書籍の入手が発売日より1~2日遅れるのが不利。

初めての方はこのブログの説明書をどうぞ。

相互リンクも募集中です。詳しくはコチラを見てください。

ブログランキング参加中。
せっ…せっ…押せっ!ざわ…ざわ…
にほんブログ村 漫画ブログへランキング

twitter始めました。

カテゴリ
ブログ内検索
アニメBlu-ray/DVDランキング
ホビーランキング
ゲームランキング
コミックス,ラノベランキング
コミックスランキング


ラノベランキング