バラ

マンガとかラノベ等の感想ブログ

マンガ、ライトノベル、アニメ等の感想を書いているブログです。漫画やラノベの発売日情報も載せています。

オタクが無理してリア充になろうとして痛い目に遭う!?「おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!」2巻 感想 



前半はオタクの直輝がリア充になるために、髪にワックスを付けたり、ファッション雑誌を見て服装に気を付けたりするが全て空回りで、特にファッション雑誌は特殊性の強いメンズ○ッ○ルっぽい雑誌を参考にしてしまい、ガイアが囁いているようなこの年代の清楚系の片想い相手は嫌いそうな服装をしてしまっていて痛々しい残念っぷりだったw

DVC00012_20130423221954.jpg

店員さんにすすめられるままに購入だなんて… オタクを自称するならこの雑誌の特異性を知っとくべきだろうに甘いな。

オタクなのにリア充な鈴木は「二次元しか愛さないって決めてるから」と発現していて、リア充という設定に相応しい男らしさだった。

DVC00013_20130423221955.jpg

リアルでも稀にこういう人っているんだよね。服のことはこいつに相談しとけよと思った。

一方オタクになろうとする桃はそのための努力をして方向性も間違っていないように思えたけど、鈴木が桃に関する悪いデマを信じてしまっていて報われなかった…

このデマの内容が結構えげつない内容で、広めたやつは最低のクズだ。


リア充の桃と最近親しい直輝が桃の女友達から、評判が落ちるから桃に近づくなと警告されていたのはひどい展開だった。差別意識甚だしいクズ女だな。それに平気でこんなこと言えちゃう女怖すぎ。

このひどい警告に直輝は昔のトラウマを蘇らせ、大きな精神ダメージを受けていた。性悪女と主人公の温度差が激しく、これだからイジメがなくならないんだと思う展開だった…

桃はDQN男から言い寄られ、かつ直輝の悪口を聞かされていたが、男嫌いなのに勇気を出して直輝を庇ったのはしびれた。偶然そこにやってきた直輝も桃を守るためにDQNに立ち向かったし、はるか昔流行った電車男という物語を思い出す展開だった。

桃と二人一緒に逃げた直輝は漫画とかラノベだと協力を結んだ二人が最終的にくっついたりすると言っていたが、この物語もそういう展開じゃないのか? とらドラ!のようにw

そして最後は直輝の片想いの相手がオタク友達を欲するという直輝の苦労が水の泡になりそうな発現をして終わった。

DVC00016_20130423222000.jpg

近年アニメや漫画は国民的なものになってるし、隠すような趣味でもないと思うんだけどな…

学校という同い年の若人がたくさんいる場ではそこまで難しい問題じゃないと思う。

個人的な評価
★★★★☆

関連記事


下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

じゃいろぺりん

管理人:じゃいろぺりん
自己紹介:好きな漫画は ジョジョの奇妙な冒険 や よつばと!、デスノート など。欲しいものは文章力。

最近コメント返信できなくてごめんなさい。

地方在住のため書籍の入手が発売日より1~2日遅れるのが不利。

初めての方はこのブログの説明書をどうぞ。

相互リンクも募集中です。詳しくはコチラを見てください。

ブログランキング参加中。
せっ…せっ…押せっ!ざわ…ざわ…
にほんブログ村 漫画ブログへランキング

twitter始めました。

カテゴリ
ブログ内検索
アニメBlu-ray/DVDランキング
ホビーランキング
ゲームランキング
コミックス,ラノベランキング
コミックスランキング


ラノベランキング