バラ

マンガとかラノベ等の感想ブログ

マンガ、ライトノベル、アニメ等の感想を書いているブログです。漫画やラノベの発売日情報も載せています。

ナギが負けたらルカとハヤテが結婚!?「ハヤテのごとく!」37巻 感想 



さて今回の限定版にはヒナギクの香り付き生写真という上級者向けの特典がついていたから、値段もそう変わらないしこちらを買ってみた。

写真はヒナギクがパンツもはかずブラ一枚で身体を縮めて裸を隠しているところ。撮影者は誰だろう。

DVC00001_20130618233431.jpg

ヒナギクの香りは「甘いレモン」の香りかな。レモン味のアメがこんな匂いとだったと思う。


引き続きナギVSルカの同人誌対決の話で、マンガをどちらの陣営も執筆しているシーンはなかったが、ナギが行き詰っているのに対しルカは自分のペースで着実に執筆をしているように感じた。

ハヤテに足ツボマッサージを受けて、熱い吐息をもらす余裕もあるようだったしw

DVC00001_20130618222929.jpg

それに勝利したら結婚してくれとハヤテにプロポーズをして、ハヤテもその真剣な気持ちに約束は守ると誓っていた。

DVC00002_20130618222931.jpg DVC00003_20130618222933.jpg

このマンガのヒロインはツンデレかモジモジ系ばかりだから、こういう積極的なヒロインは新鮮でいいじゃんw

足ツボで悶絶してハヤテが喜ぶと思ったとかそういうことを意識しているのも好感持てるし。

ルカはメインヒロインのナギよりも応援したくなるヒロインだ。

一方ナギはマンガを描くために山籠りしたり、旅に出てあえてハプニングに出会ってネタを手に入れようとしたり、行き当たりばったりなやり方をしていた…

そんな状況だけど、ナギはアニメや映画で先の話をやっているのにハヤテとルカは結婚してないから自分が勝つとメタ発言をして身も蓋もなかったw

DVC00004_20130618222934.jpg

ルカはシリアスにがんばってるのにナギとの温度差が激しいな。確かに「この戦いが終わったら結婚してくれ」は分かりやすい負けフラグだけど。

マンガ対決で最終的にナギが勝つにしてもこんなやり方じゃナギに活路が見えないし、現状勝っても説得力に欠ける。その辺りのナギの逆転劇はあるんだろうか。いや、なければならない。旅立った次回に期待。

ハヤテは一生ナギの執事をやるのかという話も出てきたが、ハヤテはナギが一人でも幸せに生きていけるようになったら辞めると言っていてそれはどうやらナギと出会った一周年記念の日のようだった…

DVC00005_20130618222935.jpg

今物語の中では8月だからあと4カ月ちょっとで完結なのかな。そのころには何巻になってるだろうか。

個人的な評価
★★★★☆



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング

過去を改変して未来を作る!?「神のみぞ知るセカイ」22巻 感想 



アニメ三期がまもなく始まる。ハクアの活躍が楽しみだなぁw


物語は前回からの続きで、うららのじいさんはただの人間の身でありながら、息子と娘を殺した悪魔に復讐しようと砦まで作り決戦に備えていたのだった。

しかし銃を持った兵隊などでは当時から存在していたヴィンテージには歯が立たず砦も虚しく敗北。じいさんは身体の下半分を失ってしまった… 直接は描写されていなかったけど、こうなっては命も助かるわけがない…

DVC00006_20130618214656.jpg

遅れて駆けつけた桂馬もヴィンテージに囲まれピンチになるが、ドクロウがエヴァンゲリオンのように無双してヴィンテージを殲滅してなんとか助かった。ただ、ヴィンテージもローブを脱げば見た目人型なのに惨い絵だった…

DVC00007_20130618214658.jpg

死者多数の血なまぐさいこの状況がまともなルートのはずがなく、球の効果が発動して桂馬は再びドクロウの自殺前へ時間を戻された。

時間が戻ってもドクロウの記憶は消えておらず、むしろ何かを思い出したのかアドバイスまでしてくれた。

今の世界は桂馬の知っている過去とは違う。ならば桂馬の知る未来が来るよう過去も桂馬の記憶に合わせて改変する必要がある。ヴィンテージに関わらず、じいさんの工事を中止して、無事キャンプを迎える未来に。

DVC00008_20130618214700.jpg

一度悲惨な末路を見せておいて再び明るい未来を目指す今流行りの空想科学アドベンチャーのような展開だった。

桂馬は再びうららと仲良くなるために今度は宇宙人のふりをしてうららを騙し容易く仲良くなることに成功していたw

DVC00009_20130618214701.jpg

桂馬のゲーム脳の幅広いなあw

そしてうららの自宅に入ることに成功し、そこでじいさんの娘が駆魂に取りつかれ最終的に死亡したという情報を手に入れることに成功した。

その駆魂はうららの心のスキマに逃げ込み、うららの心のスキマの原因はじいさんだった。

だからじいさんを説得することでうららの心のスキマを埋めたけど、何気に恋愛以外で心のスキマを埋めて駆魂を追い出したのは初じゃないか?

DVC00010_20130618214702.jpg

ここまでくればもう一息という感じだ。工事を止めさせれば桂馬の知っている未来に繋がる。

そうなると気になってくるのはドクロウで、色々知っていて力もありエルシィよりも役に立っているしそろそろ詳細が知りたいな。

一度迎えたバッドエンドからの桂馬の再挑戦とドクロウの覚醒が熱くて盛り上がる展開だった。

個人的な評価
★★★★★



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング
プロフィール

じゃいろぺりん

管理人:じゃいろぺりん
自己紹介:好きな漫画は ジョジョの奇妙な冒険 や よつばと!、デスノート など。欲しいものは文章力。

最近コメント返信できなくてごめんなさい。

地方在住のため書籍の入手が発売日より1~2日遅れるのが不利。

初めての方はこのブログの説明書をどうぞ。

相互リンクも募集中です。詳しくはコチラを見てください。

ブログランキング参加中。
せっ…せっ…押せっ!ざわ…ざわ…
にほんブログ村 漫画ブログへランキング

twitter始めました。

カテゴリ
ブログ内検索
アニメBlu-ray/DVDランキング
ホビーランキング
ゲームランキング
コミックス,ラノベランキング
コミックスランキング


ラノベランキング