バラ

マンガとかラノベ等の感想ブログ

マンガ、ライトノベル、アニメ等の感想を書いているブログです。漫画やラノベの発売日情報も載せています。

数多の犠牲を出しつつも僅かだが光明が見えてきた!?「魔法少女・オブ・ジ・エンド」2巻 感想 



1巻のひたすら人間が魔法少女に虐殺される展開に驚かされたが、2巻も色々な意味で濃い内容だった。

ただひたすら惨殺虐殺を繰り返す魔法少女たちに、まったく対抗できずに仲間の数を減らしていくばかりだった主人公たちがなんとかショッピングモールにまで避難することに成功したところから物語は始まった。

だけどそこに居たのはこの非常事態に頭の狂った変態警官・芥倫太郎だった。

なんとか生き延びたと思ったら、下半身丸出しで拳銃を振りかざしてJKをレ○プしたあと○すというクズ警官がいるなんて最低な展開じゃないかw 救いがねぇw

DVC00001 - コピー

でもこいつが人間なだけまだマシと考えるべきかもしれない…

そしてこの警官を倒したのはトー大医学部の久代蓮で、頼もしいやつが味方に加わった。

警官も拘束してショッピングモールはひとまず安全と思っていたが、前回楓にとりついていた人間に寄生するタイプの魔法少女が小学生女児に寄生して再び虐殺の嵐でひどい状況になっていた。

DVC00002_20130408211323.jpg

小学生が元気な笑顔で虐殺する絵が本当にひどいし惨いw

主人公たちは拘束していた変態警官を利用して拳銃を撃たせ魔法少女を倒そうとしたが、なんと魔法少女はウインクで弾丸を受け止め絶望の上塗り状態だった。ネウロを思い出す絶望的強さだね。

DVC00003_20130408211324.jpg

再び逃走を開始した主人公たちはこの失敗を踏まえ、三段構えの罠を張って魔法少女に拳銃を命中させ倒すことに成功したけど、外にはまだまだ魔法少女だらけで、いまいち絶望感を脱ぎきれない。それほど魔法少女が恐すぎる。

この魔法少女は人間に寄生して脳を操れるからこそ人語を喋ることができて、「魔法少女オブ・ジ・エンド計画」とか主人公たちがゲームの駒にすぎないとか、楓のことは知っている素振りを見せたりと色々な情報を落としていってくれた。

こいつら魔法少女を作ったのが「人」であるというのは数少ない希望の一つかもしれない。完全な超常現象でないのなら。

DVC00004_20130408211324.jpg

この主人公たち御一行も選ばれた感があるし、こんなことが起きているのは東京のみかもしれないという情報も手に入った。それに加え魔法少女はステッキを破壊されると再生できずに砂になるという弱点も知ることができた。

ここまで情報を仕入れても、それでもやっぱ魔法少女の方が圧倒的すぎて最後まで生き残れる未来が見えないなw

変態警官は利用されたあといつも拘束される末路が待っているが、魔法少女の屍骸の砂の素材が気になりこっそり回収していたのがこの先気になるところ。この変態警官は変態だけど、頭は多少キレるようだし侮れないところがある。

DVC00005_20130408211325.jpg

こいつがレギュラーキャラになるのはなんだか不本意だけど。

主人公たちはショッピングモールに立てこもり武器を作って魔法少女の侵入を防ぐことで助けを待つことにしたが、今度の魔法少女は巨大だった…

DVC00006_20130408211845.jpg

怪獣のように大きな魔法少女はあっさりとショッピングモールを破壊し、仲間を分断させ、他の新たな魔法少女の進行の手助けをしたのだった。

外に投げ出されたつくねたちは魔法少女に追われながら近所の大学に逃げるとメッセージを残し走って行った。

ショッピングモールに残った主人公たちは物質を消滅させるビームを放つ魔法少女に襲撃され黒幕の手がかりになりそうだった楓を消失。主人公も生死不明だけどそこはさすがに生きているだろう。

逃げたつくねたちは大学に入ろうとしたが入口は完全閉鎖されていて、とりあえず、小学生女子が死亡… こちらも他は生死不明だけどおそらく生きているだろう。

そして最後は黒幕と思われる人が登場して高みの見物をしていた。

DVC00007_20130408211844.jpg

日常ではいじめっ子といじめられっ子、はたまた他人同士だったのに助けあったり、つり橋効果もあってか愛が芽生えたりする非常事態だからこそ見られる行動は人間臭くて厨っぽいところもあったけど面白かった。

そんな多少の弱点がわかってもそれを活かせないくらい絶望的な状況が続く中、互いに助け合って必至に生きようとする人間ドラマに見入ってしまう展開の2巻であった。

個人的な評価
★★★★★



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング

めだかボックス 第189箱「思えば初めて会ったときから」 感想 



今週はいきなり不知火の里御一行様とのバトルから始まった。

改神モードで残響言彦と殴り合い、廃神モードで寿蜃気郎と桃園幻実を蹴り飛ばし、混神モードで贄波錯悟を殴り飛ばし、乱神モードで叶野仮輝に肘鉄を喰らわしていた。今思えば、めだかちゃんのキャラ付けとして各種モードは弱かったのかな… もうちょっと出番あればよかったのに設定過多だったのもある…

そして潜木怪儡は安心院さんから『完成(ジ・エンド)』したと思われる一京分の一のスキル100個(たぶん)で無双されていたw

DVC00001_20130407211432.jpg

スキル無双のめだかちゃんバージョンやって欲しかったんだよねw ジャンルは強いて言うなら「少年誌バトル系スキル」かなw 「踏」という漢字が全てに入っているのもミソだね。見れて幸せ。

コナンの犯人のように黒い、パンツ好きな杠偽造はめだかちゃんの背後からスカートを引き下ろすという、何気に今のめだかちゃんの隙を突くという偉業を成し遂げていたが敗北w

半纏の正面に立つめだかちゃんに半袖が背後から近づき『正喰者』を発動させようとしたが、めだかは攻撃ではなく抱きしめて耳元で何かを呟き戦意を喪失させていた。

DVC00003_20130407211433.jpg

半纏は活躍せずそこにいるだけで終わったのはまだわかるが、帯もまったく戦闘せずに終わったのはなぜだろう。めだかが半袖に呟いた後の帯の胸元にはコサージュが付いていたけど、このシーンでまだ付いているというは見方によっては不自然に感じるな。

めだかが呟いた内容は「私のぶんまで青春を楽しんでくれ」という無碍にもできない内容で半袖は笑顔で送り出していた。もっとごねてもよかったのに…

続いてはバトル展開後もそれなりに存在感があった反側王・鍋島猫美。

物語の最後はどんな「卑怯」を見せてくれるのかと思えば、努力で才能を踏みにじるのが好きだったけど、めだかの場合そんなことしなくても楽しかったし、潰せなくても大好きだったと言って勝負を先延ばしにしてコサージュだけ渡して去って行ってしまった。

DVC00004_20130407211434.jpg

だけどめだかのセリフからすれば察するに、いいこと言って逃げたんだねw だとしたらまぁ悪くないかな。

反側王として学園中を逃げ回るという遅延行為とかしてきたら、さすがに卑怯の限度を超えているし。

次は元婚約者と鶴喰鴎および武器子で、桃園は再び言葉遊びゲーム「ギロチンの言葉遊び 転がし語呂合わせ(ローリングマッチポイント)」で勝負を挑んできた。

どんなゲームかは不明だけど、戦闘では勝てないからまだ多少の勝機があるゲームで戦いを挑んだのは賢いと思う。勝てないにしても遅延効果も高いし、言葉だけで時間感覚を狂わせるという無茶なことをやってのけただけの実績はある。

だけどめだかにはあっさり敗北したようで、次は歴代生徒会執行部。日之影空洞や阿久根や喜界島、江迎と5人の候補生もここで登場した。結局鰐塚が本来持っていた異常(アブノーマル)な眼とは何だったんだろうね…

DVC00006_20130407211434.jpg

この場には名瀬夭歌ではなく、黒神くじらも別枠として再登場していた。ありなのかよw しかも覆面を取ったくじ姉の姿で名瀬のセリフを喋ってるからわけがわからない状態になっているw

彼女らは生徒会の執行に失敗して、続いてやっと登場雲仙率いる風紀委員。最初の雑魚キャラ軍団に含まれていてもいいようなキャラも多数登場している。雲仙は強目のキャラの中では数少ないまともなキャラだったな…

その雲仙も風紀委員をもうすぐ引退するそうで、後任の委員長はメンバー全員を納得させた雲仙姉であった。しかも数字言語ではなく、片言ながら日本語も喋っていてコミュニケーション能力を獲得していたw

DVC00007_20130407211435.jpg

無表情でがんばって日本語でめだかに語るところは可愛いじゃないか。人と人はわかりあえるとめだかが教えてくれたからこうなったらしい。最終回前のちょっとした感動エピソードだね。

だけどバトルは別で雲仙弟姉たち風紀委員は猫美と違って襲いかかってきた。

最後は時計台の屋上で球磨川が待っていた。球磨川で98人目。100人ではなく実質97人。

めだかがあと一人いるからと取り急ぎ戦おうとするが、球磨川は自分が最後で、自分に勝てば自分の花と安心院さんの花言葉を束ねて贈ると言ってきた。

DVC00009_20130407212006.jpg

全知全能の安心院さんの花を最弱の球磨川が背負っているのか…

せめてこの戦いだけでも省略せずに、数週に渡って欲しいな。このペースじゃ次回最終回じゃん。

この物語には刀語で言う所の錆白兵が多すぎる。刀語最終話で七花が無双する話は面白かったかし、今回もあんな感じのを期待したんだけどなぁ。

だからせめて球磨川戦だけでも頼むぞ西尾維新!



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング
プロフィール

じゃいろぺりん

管理人:じゃいろぺりん
自己紹介:好きな漫画は ジョジョの奇妙な冒険 や よつばと!、デスノート など。欲しいものは文章力。

最近コメント返信できなくてごめんなさい。

地方在住のため書籍の入手が発売日より1~2日遅れるのが不利。

初めての方はこのブログの説明書をどうぞ。

相互リンクも募集中です。詳しくはコチラを見てください。

ブログランキング参加中。
せっ…せっ…押せっ!ざわ…ざわ…
にほんブログ村 漫画ブログへランキング

twitter始めました。

おすすめ
アッセンブル・ヒロインズ 『ソードアート・オンライン アリシゼーション』 アスナ 【Summer Queens】 1/8スケール PVC&ABS製半完成品・組立フィギュアキット
アッセンブル・ヒロインズ 『ソードアート・オンライン アリシゼーション』 アスナ 【Summer Queens】 1/8スケール PVC&ABS製半完成品・組立フィギュアキット

LoveLive! Series 9th Anniversary ラブライブ! フェス Blu-ray Memorial BOX
LoveLive! Series 9th Anniversary ラブライブ! フェス Blu-ray Memorial BOX

デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆 豪華版 [Blu-ray]
デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆 豪華版 [Blu-ray]


【Amazon.co.jp限定】Charlotte Blu-ray Disc BOX(メーカー特典:「キャラクター原案Na-Ga 描き下ろし三方背BOXイラスト使用 A3クリアポスター」付)(オリジナル特典:「クリアファイル4枚セット」付)(完全生産限定版)

冴えない彼女の育てかた Fine(完全生産限定版) [Blu-ray]
冴えない彼女の育てかた Fine(完全生産限定版) [Blu-ray]

【PS4】機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON プレミアムサウンドエディション【早期購入特典】初回生産限定特典 限定バナパスポートカード & プレイアブル機体「ガンダム・バルバトスルプスレクス」が入手できるプロダクトコード(封入)【Amazon.co.jp特典】アイテム未定
【PS4】機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON プレミアムサウンドエディション【早期購入特典】初回生産限定特典 限定バナパスポートカード & プレイアブル機体「ガンダム・バルバトスルプスレクス」が入手できるプロダクトコード(封入)【Amazon.co.jp特典】アイテム未定

デート・ア・ライブ 時崎狂三 決意のafter date style 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
デート・ア・ライブ 時崎狂三 決意のafter date style 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

SSSS.GRIDMAN 新条アカネ ~A wish come true~ 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
SSSS.GRIDMAN 新条アカネ ~A wish come true~ 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

SSSS.GRIDMAN 宝多六花 ~I believe in future~ 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
SSSS.GRIDMAN 宝多六花 ~I believe in future~ 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

艦隊これくしょん -艦これー Prinz Eugen (プリンツ・オイゲン) 全高約210mm PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア
艦隊これくしょん -艦これー Prinz Eugen (プリンツ・オイゲン) 全高約210mm PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア

冴えない彼女の育てかた Fine 加藤恵 出会いの服Ver. 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
冴えない彼女の育てかた Fine 加藤恵 出会いの服Ver. 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
カテゴリ
ブログ内検索
アニメBlu-ray/DVDランキング
ホビーランキング
ゲームランキング
コミックス,ラノベランキング
コミックスランキング
Powered by fun9.net


ラノベランキング