バラ

マンガとかラノベ等の感想ブログ

マンガ、ライトノベル、アニメ等の感想を書いているブログです。漫画やラノベの発売日情報も載せています。

ハートフルコメディ?「魔法少女かずみ☆マギカ ~The innocent malice~」1巻 感想 



この物語はまどかたちが住む街とは別の街のようだね。

主人公は明るく元気な少女かずみ。初登場シーンは全裸だったw

かずみは何故か名前以外の記憶を失くしていて、誘拐されトランクの中に入っていた。しかし記憶喪失ながら魔法は無意識のうちに使っていた。

そしてかずみのピンチに現れたのはかずみのことを知っている古くからの友人で一緒に住んでいるサッカー少女のカオルと作家の海香だった。

三人はかなり仲良しさんだったらしく記憶を失くしたかずみを温かく迎え入れた。

カオルと海香が留守の間に、かずみに恥を掻かされた女刑事が訪ねて来た。刑事はカオルと海香と入れ違いになってしまった風を装っていたが、本当の目的をかずみは鋭く言葉巧みに暴いた。記憶を失くしていてもかずみはキレ者のようで見なおした。

女刑事は出世のために事件を作り上げたことをかずみにバレ、口封じするために来たそうだ。そしてその本性を暴かれると刑事はカマキリの化物に変身した。魔女とは雰囲気が違うし言葉も喋る。

カマキリの魔女っぽい何かに襲われるかずみだが、記憶喪失の中魔法少女に変身して魔女っぽい何かを倒した。露出が激しい衣装だったが、攻撃は派手で杖からビームを出してきた。本編のキャラのマスケット銃とか剣とか槍がしょぼく見えるw

魔女っぽい何かは倒されると元の女刑事に戻り、グリーグシードっぽい何かを落とした。グリーフシードっぽくないけど、一体何なんだろう。

DVC00238_20110513172435.jpg

一件落着し次の日、三人で仲良く買い物に出かけるとまた魔女っぽい何かが襲ってきた。しかし今度はカオルと海香も変身して戦った!

カオルと海香は魔法少女になるときに、妖精(笑)と契約したと言っていたが、あれを妖精と呼ぶなんて真実を知らないからだろうけど、見ていて痛々しい。

そしてカオルの願いは「一生サッカーができる丈夫な身体」で、海香の願いが「自分の作品を認めてくれる編集者に出会うチャンス」でショックだった。

こんな願いでエントロピーを凌駕できるのだろうか。それに一生サッカーって、その一生はきっともう残り少ないよ!たぶん十代のうちに絶望して魔女になっちゃうよ。正直契約してその願いを叶えるより普通にしていた方がサッカー寿命長いだろ…

小説書きの海香は才能が欲しかったわけではないと言って、売れっ子にはなったようだが、それもねぇ…

ちなみにかずみの願いは二人も知らないようだ。気になる。この二人からしてしょうもない願いな気がする…

一度魔女っぽい何かには逃げられて再び三人で戦うことになったが、そこに現れた謎の魔法少女は何者だろうか。魔女っぽい何かを使役しているみたいだけど。魔法少女は人間を魔女っぽい何かにしたりと何でもできるな…

そして気になるのが、カオルたちが魔女っぽい何かを魔女と認識していることだ。本物の魔女との違いとか認識しているのだろうか。あとグリーフシードっぽい物でもソウルジェムは浄化できるのだろうか?

かずみ達三人で今度は本物の魔女と戦っていると、カオルと海香がぱっくりと魔女に食べられてそのまま魔女に逃げられてしまった。

海香がバリアを張っていたため無事のようだが、そのピンチに駆け付けたのはプレイアデス聖団と言う魔女と対抗するチームだったw

かずみたちもこのチームの一員だったらしい。メンバーは若葉みらい、宇佐木里美、神那ニコ、浅海サキにかずみたち三人を加えた7人。

徒党を組んで強い魔女を倒すのはいいが、グリーフシード回収のノルマが大変そうだ。仲間割れが起きないのだろうか。

手分けして魔女を探し二人を助けようとするが、かずみの元にはあの謎の魔法少女が襲い掛かってきた。かずみをトランクに詰めたのもこいつらしい。記憶喪失との関連性はわからない。

この魔法少女の攻撃は「コルノ・フォルテ」という牛の魔物を召喚したり、近代のほむらが使うような銃をマミさんのように召喚して一斉射撃するなど強力だった。マミさん上位種だw

かずみはやられそうになるが、プレイアデス聖団の仲間が助けてくれた。「仲間を信じる」とかとんだ熱血展開で本当にまどか☆マギカの世界なのか疑わしいほどだったw

謎の魔法少女を撃退し、次はカオルと海香の救出。合体魔法とか使っちゃって皆仲良くハートフルだった。グリーフシードも1個ゲット。

DVC00239_20110513172434.jpg

やっぱり最初のやつとはデザインが違う。

1巻を読んだ限り、みんな仲がいいし、善意のかたまりのような展開だし、敵でも死なないし、裏切りもない温い魔法少女コメディ漫画だった。プ○キュ○かと思った。

しかし最後のページで不吉なキャラが登場した。

DVC00240_20110513172432.jpg

キュゥべえっぽい何かw

こんな温かい物語が、こいつのせいで崩壊しそうだw

でもそれこそがこのシリーズの魅力だと思うし、続きを悪い意味で期待しようw

個人的な評価
★★★★☆



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング

シャルロッテ戦でマミさんが生き残る!?「魔法少女おりこ☆マギカ」1巻 感想 



魔法少女まどか☆マギカのスピンアウト作品でタイトル通り織莉子が主人公で活躍する物語だと思っていたらそうではなかった。

織莉子は敵っぽい…

一方で杏子はいい子だねw

両親を魔女に殺された少女ゆまを保護して生きるすべを教えてるしw でもそこは然るべき施設に連れて行くべきかな。

ゆまは命を助けられ面倒まで見てもらっている杏子に懐き、自分も魔法少女になりたいと言い始めた。

杏子じゃ魔法少女になるなと言うが、ある戦闘で杏子は四肢を切断され最期の時を迎えようとしていたそのとき、魔法少女となったゆまが杏子を助けた。

ゆまは杏子の留守中に織莉子に唆され、空中をふわふわと飛んでいるQBと契約してしまった。織莉子が想像以上に悪者だった…

でも織莉子はQBとの契約時に未来を見て、とてつもない魔女(ワルプルギスの夜?)を目の当たりにし、それを阻止しようとしているようだった。そして見えた未来に居たのはゆまだった。ゆまを魔法少女にすることと、運命を変えることはどうつながってくるのだろうか。

織莉子に斡旋されたと話すゆまに杏子は怒りを覚えていた。やっぱり杏子は優しくていい子だ。最初さやかと戦おうとしたことが嘘のようだw


マミさんも登場し、シャルロッテに頭から食べられることもなく勝利した。油断してたらやられてたということは、アニメでは油断したたんだろう。まどかやさやかにいいところ見せたくて。ティロ・フィナーレとか叫んじゃって…

シャルロッテの結界内にはマミさん以外にも別の魔法少女が居て魔女以外からの攻撃で怪我を負っていた。

QBの話によると魔法少女狩りをする黒い魔法少女がいるそうだ。マミさんはそのことについて杏子やほむらに聞きこみをしていた。マミさんと杏子の絡みはレアだ。ほむらは黒髪ロングでメガネもかけていないクールキャラでまどかLOVE状態だったw

黒い魔法少女の正体は織莉子に心酔する少女キリカだったが、マミさんはキリカがプライベートで困っているところを助けたことで互いに魔法少女だと知らないまま知り合った。

しかし一緒にいるときに魔女が現れたことで、二人は戦闘になった。

キリカの武器は近距離武器の爪に対しマミさんは銃。

素早く動き、拘束もできないマミさんはキリカに間合いに入られて防戦一方だった。マミさんここでリタイヤなんじゃないかと思ったが、ここで1巻は終わった。マミさんどうなるんだろうかね。

あとやっぱり織莉子の目的が謎だ。織莉子は政治家だった父の影響を受け平和な世の中を目指している。しかし未来ではめちゃ強い魔女が現れるみたいだからそれを阻止したい。そのためにキリカに魔法少女狩りをさせたり、ゆまを魔法少女にさせたりしている。

よくわからない。要素要素が繋がらない。本編にゆまや織莉子やキリカが登場しないことと関係あるのだろうか。

ストーリーは面白かったし2巻に期待しよう。絵は受け付けない人がいるかもしれないけど、そういう時は脳内変換だ。

個人的な評価
★★★★☆



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング

黒猫とのデートが初々しい!!「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」8巻 感想 

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫)
伏見 つかさ
アスキーメディアワークス (2011-05-10)
売り上げランキング: 4


帯にQBが登場してたけど他作品でもそのセールス魂を忘れないのはさすがだ。しかもコミックスのほむほむの言ってることとリンクしてるんだね。最初俺妹とまどっちの繋がりがわからなかったけどアニプレ繋がりのようだ。

物語は黒猫に告白されたところからで、前回の最後とはちょっと時間が戻る。

京介は黒猫の告白に戸惑い何かしら心に引っ掛かりを感じていたが、桐乃や真奈美に背中を押され付き合うことになった。

断るんじゃないかと思ったけど、前回の最後の一文もあるしそうはならなかった。

御鏡がゲーム研究会のメンバーと仲良くなったりもした。今後絡むこともあるんだろう。瀬菜は御鏡を京介の彼氏だと思っていて面白かったw

京介を家に呼びつけるあやせも相変わらずで、今度はライターであぶってきた。中学生が火遊びするなんてあやせ怖すぎ。

そしてページの多くを使って書かれていた夏休み中の黒猫と京介の日常は連日のデートにイチャイチャなどリア充だった。

それでいて、お互い異性との交際経験もなく、互いに照れて初々しかったw

黒猫の家にも遊びに行き二人の妹にも気に入られ、まさに黒猫大勝利!桐乃ンゴwww真奈美ンゴwwwという状態だった。

夏休みを満喫しながら、黒猫との日々を過ごす京介だったが、ある日突然黒猫に別れを切り出され、そのまま黒猫は突然学校も転校してしまった… もちろん京介に何も言わずに、桐乃にさえ秘密で。前の桐乃のようだった。

あまりにも突然で読んでいてびっくりした。

落ち込む京介が相談したのは桐乃で、これもデジャブを感じた。京介は夜中に桐乃の部屋に夜這いして相談した。桐乃は寝言でエロゲのキャラの名前叫んでたけど部活の合宿などでは大丈夫なんだろうかねw

今回はいつも人生相談される京介が相談する側となり桐乃が兄の悩みを解決するためにがんばった。

黒猫の居所を速やかに見つけ二人で会いに行った。そこで互いに本音で語り合い和解というか丸く収まった。

京介と桐乃は嫌いという言葉が薄っぺらく感じるほど仲がいい。これで血がつながっていなかったらカップルに見えるかもしれない。そして黒猫も交じって仲がいい。

8巻は綺麗に終わったけど、この物語はどうやら皆仲良くハーレムエンドに向かっている気がする。真奈美の発言とか黒猫の『理想の世界』からして。

京介は黒猫と別れても黒猫のことが好きみたいだが、やっぱり幼馴染が一番だと思う。幼馴染エンドがいい。

あと桐乃は真奈美を地味子と言って嫌ってるからその辺りの和解の話がいつかあってもいいと思った。

個人的な評価
★★★★☆



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング
プロフィール

じゃいろぺりん

管理人:じゃいろぺりん
自己紹介:好きな漫画は ジョジョの奇妙な冒険 や よつばと!、デスノート など。欲しいものは文章力。

最近コメント返信できなくてごめんなさい。

地方在住のため書籍の入手が発売日より1~2日遅れるのが不利。

初めての方はこのブログの説明書をどうぞ。

相互リンクも募集中です。詳しくはコチラを見てください。

ブログランキング参加中。
せっ…せっ…押せっ!ざわ…ざわ…
にほんブログ村 漫画ブログへランキング

twitter始めました。

カテゴリ
ブログ内検索
アニメBlu-ray/DVDランキング
ホビーランキング
ゲームランキング
コミックス,ラノベランキング
コミックスランキング


ラノベランキング