バラ

マンガとかラノベ等の感想ブログ

マンガ、ライトノベル、アニメ等の感想を書いているブログです。漫画やラノベの発売日情報も載せています。

性的に興奮することで主人公がパワーアップ!?「緋弾のアリア」1巻 感想 

緋弾のアリア 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
こよかよしの(原作/赤松中学)
メディアファクトリー


アニメ化するということで、前々から気になっていたしこの期にコミックを買ってみた。

凶悪犯罪に対抗するために武装を許可され、逮捕権を有した便利屋である武偵。その武偵を育成するための高校「東京武偵高校」に通う主人公遠山キンジは性的に興奮するとヒステリアモードになり、常人離れした身体能力と思考力、判断力を一時的に獲得することができた。ついでに女子に対してキザになるという効果付きでw

ユニークな能力で嬉しいやら悲しいやらだw でもラッキースケベ体質の主人公には困った能力かな。

そんな能力を持つキンジが爆弾魔に襲われているところを助けたのが、幼児体型で小学生と間違えられた神崎・H・アリアだった。コミック読んで声は釘宮を想像したけど、やっぱり声は釘宮だった。

釘宮ボイスに似合うツンキャラだった。1巻ではデレはなかったのが惜しい。

その後アリアも爆破に巻き込まれ体育倉庫にキンジと共に吹き飛ばされ服がめくれ、キンジが性的に興奮した。

突然紳士な対応をするようになった金キンジに照れるアリアが可愛かった。そしてキンジは圧倒的な力で敵をせん滅しアリアを守った。

これをきっかけにアリアはキンジにべったりと付きまとうようになり、キンジの一人暮らしの寮の部屋にも住むようになった。風呂上がりの全裸のアリアを見てしまうあたりラッキースケベっぽいけど、今後やばいんじゃないだろうかw

アリアの目的は学校で自分が所属する学科強襲科(アサルト)でパーティを組めというものだった。キンジは元強襲科で今は探偵科(インケスタ)に転科していたから断った。でもその内パーティ組んじゃうんだろうね。

あとキンジの幼馴染の星伽白雪はちょっとヤンデレっぽくて、アリアとの同棲生活がばれたときが楽しそうだ。

1巻はずっとツンだったからデレるところを見たいと思った。アニメも超期待!花澤さんも好きだけどくぎゅも昔から好き!

個人的な評価
★★★★☆



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング

単純に魂が入れ替わるだけじゃない!?「コロコネクト ヒトランダム」 感想 

ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)
庵田 定夏
エンターブレイン
売り上げランキング: 2602


よく心と身体が入れ替わってしまうという物語はあるが、これはそれが男女5人の相田でランダムに突然起き、またランダムに元に戻るというややこしい現象が起きるという話だった。

それと絵を担当している白身魚氏の絵がけいおん!!のキャラにしか見えない!この点が非常にポイントが高い!挿絵だけでも楽しめる域に達している。

魂の入れ替わりが起きる私立山星高校文化研究部の五人のメンバーは皆個性的で面白かった。主人公の八重樫太一は比較的まともで、永瀬伊織は明るくぽわぽわとした性格。稲葉姫子はクールで頭がいい。桐山唯は小柄でおてんばな感じ。青木義文おちゃらけたキャラで常に唯に愛をささやいている。

この五人のメンバーはとても仲が良く、男女の身体の入れ替わりが起きてもやましいことはしなかった。それでも突然起きる入れ替わりによる弊害は生まれた。

男2人がそれぞれ唯と稲葉に入れ替わった時、互いに女の子の姿で告白させてみたりしていて面白かった。まだいたずらレベルだからいいけど、悪乗りしかねないかもねw

ヒロイン3人にはそれぞれトラウマのようなものがあり、それがあらわになった。

唯は昔男に襲われた経験から男性恐怖症になり、それをこれまで隠していた。それが入れ替わりで周りにバレてしまった。しかしそれを救ったのは青木ではなく太一だった。めだった点がないと思ったのに、とんだフラグ建築士で驚いたw 唯に恋する青木はどうなってしまのかきになる。

一番気が強くて、黒幕である<ふうせんかずら>に一番に突っかかっていった稲葉でさえ弱い一面があった。一番心が強そうに見えたのに。

それは仲間を信用しつつも、もしかしたら入れ替わっている時に悪さをしているかもと夜も眠れなくなっていることだった。そして仲間に対しそう思っている自分にも嫌気を感じていた。

クールビューティなのにこういう一面もあってますます稲葉が好きになった。そしてそんな稲葉を救うために太一は自分の秘密をばらしたw

その秘密が稲葉や唯、伊織をオカズにしたことがあるということだったw それを本人の前で言うなんてすごすぎるw しかしこれで稲葉にもフラグが立った。さすがだ。

稲葉は太一のおかげでこの悩みを解決し、稲葉も太一のことをオカズにしたことがあるると打ち明けた。真実だろうかねw

最後の伊織は人に合わせてキャラを変えることがうますぎて、どれが本当の自分かわからなくなるという悩みを抱えていた。でもこれは比較的たやすく解決した。

問題はその後で、<ふうせんかずら>が伊織の身体に乗り移って、川に飛び込み伊織は怪我を負い重体になった。しかも<ふうせんかずら>はあと30分で伊織の身体は死ぬからどの魂と一緒に死ぬか選べと究極の選択を五人に迫ってきた。あまりにも外道すぎる…

結局は伊織の身体と共に死ぬのは伊織の魂しかない。だから集中治療室にいる伊織は稲葉の身体を使って部活の仲間と最後のお話をした。辛すぎる…

そして太一との会話ではお互いに好きだと告白をしてキスをした。稲葉の身体でファーストキスだった。いつも元気な伊織だったけど「死にたくない」と泣きじゃくるシーンは悲しかった。

この物語はいつか<ふうせんかずら>に逆襲する機会が訪れるのだろうか。<ふうせんかずら>には憎しみしか浮かばない。

1巻は人格の入れ替わりだったけど、2巻以降また違う現象のようだ。アニメ化も決まっているようだし期待したい。

個人的な評価
★★★★☆



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング
プロフィール

じゃいろぺりん

管理人:じゃいろぺりん
自己紹介:好きな漫画は ジョジョの奇妙な冒険 や よつばと!、デスノート など。欲しいものは文章力。

最近コメント返信できなくてごめんなさい。

地方在住のため書籍の入手が発売日より1~2日遅れるのが不利。

初めての方はこのブログの説明書をどうぞ。

相互リンクも募集中です。詳しくはコチラを見てください。

ブログランキング参加中。
せっ…せっ…押せっ!ざわ…ざわ…
にほんブログ村 漫画ブログへランキング

twitter始めました。

カテゴリ
ブログ内検索
アニメBlu-ray/DVDランキング
ホビーランキング
ゲームランキング
コミックス,ラノベランキング
コミックスランキング


ラノベランキング