バラ

マンガとかラノベ等の感想ブログ

マンガ、ライトノベル、アニメ等の感想を書いているブログです。漫画やラノベの発売日情報も載せています。

天才女優をSNSの大炎上から救えるか…!?「【推しの子】」 3巻 感想 

【推しの子】 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


【推しの子】 3巻 感想です。

アクアは、実の母であり前世では最推しのアイドルでもあったアイの過去を教えてもらう条件に恋愛リアリティーショーに出演することになった。

その番組を視聴して複雑な乙女心を吐露する妹と有馬かなの二人がアイドルとは思えず面白かったw 良い番組視聴者だ。

Screenshot_20210219_012144_com.jpg

一方で駆け出し以下のアイドルの二人は知名度をアップさせるために大物You Tuberと共演していた。

Screenshot_20210219_012611_com.jpg

本気でがんばっている描写があったからヒットする伏線かもしれない。


恋愛リアリティーショーではカメラに映るために演じてそれが成功している出演者と、目立てず焦りを感じる出演者に分かれてしまっていた。

そんな中出演者の一人で真面目すぎる女優の「あかね」は後者に属してしまい、SNSでエゴサまでしてしまって悪循環。その結果モデルの顔を傷つけてしまう失態を犯してしまった…

番組ディレクターの煽りもあってあかねは大炎上。

Screenshot_20210219_013610_com.jpg

真面目な性格だったのも災いして自殺しようとしていたところをアクアに止められる始末だった…

Screenshot_20210219_013659_com.jpg

番組上は対立を煽ってもカメラが回っていないときの出演者同士の関係は良好。

アクアはあかねを悪者にした番組に怒りを感じ、ここから転生者ゆえの知性を活かして動き出した。

番組ディレクターを説教したり、出演者一同の協力を得たり、法的に訴訟を起こされないようにも配慮していたり、敵にまわしたくない手腕だった。前世で医者だった知性が強い!

こうしてあかねは無事救われ、助けてくれたアクアへの感謝の気持ちから得意の演技で理想の女性であると聞きだしたアイのようになりきることにしたのだった。

復讐劇という要素の他にアクアが女たらしなところも何気にこの作品の魅力だと思ったw

あかねによるアイの調査では世間にはバレていないことまで推測で的中させていて天才的だった。番組では目立たなかっただけで。

Screenshot_20210219_014106_com.jpg

その結果、目に星まで宿してアクアやルビーが認めるほどのアイに仕上がっていた。

Screenshot_20210219_014159_com.jpg

アイに隠し子がいる設定まで作り上げていたりあかねが天才すぎた。

Screenshot_20210219_014406_com.jpg

アイを高度にプロファイリングできるあかねに興味を持ったアクアは番組上はキスをしてカップル成立。思わぬ仲間を得たのだった。

アクアが心強い味方(ヒロイン)を増やしながら目的に前進していく流れか、未だ未知のアイ殺害の黒幕が追い詰められる日が楽しみになる展開だった。

個人的な評価
★★★★★



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング
[ 2021/02/19 15:08 ] 【推しの子】 | TB(0) | コメント(0)

二度目の人生で役者として無双…!?「【推しの子】」 2巻 感想 

【推しの子】 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


【推しの子】 2巻 感想です。

2巻からはアクアとルビーは高校生へと成長し、新章スタート。

アイドルだった亡き母に憧れ自分もアイドルになることを夢見るルビーだったが、シスコンな兄によってその夢は執拗なまでに阻まれていた。

妹に内緒でオーディションを辞退して偽の不合格の連絡入れたり、スカウトされたなら探偵のように内情を調査したり、引くほどの手段だった…

Screenshot_20201016_003731.jpg

それもアイドルだった母がストーカーに殺害されその再現とならないことを願ってのこと。

幼少期から抱くストーカーを嗾けた真犯人でありおそらく不明の父親を捜して復讐する願いは成長してもまったく変わっていないようだった。

Screenshot_20201016_004127.jpg

前世で医者になれた頭脳も持っているしさながらルルーシュのようだった。


しかしルビーのアイドルへの憧れは強く、それならと育ての母が経営する芸能事務所からデビューすることになった。

ルビーはそれに伴い芸能科人御用達の高校へ進学。アクアも一緒に同じ高校の普通科に進学し、そこでかつて天狗になっていた元天才子役の「有馬かな」と再会!

Screenshot_20201016_004422.jpg

天狗になっていた因果応報で仕事が無くなるもしぶとく生き残っていた。その分今では謙虚で演技に対して真摯に取り組んでいて普通にいい子になっていたw 作画も一瞬かぐや様風になっていて面白いw


再会した かな に紹介された漫画原作実写ドラマの仕事のプロデューサーは母アイが持っていたロックされた携帯のアドレス帳に登録されていた人物で犯人(父親)候補の一人。出演しない選択はなかった。

Screenshot_20201016_004742.jpg

しかしこのドラマは原作レ〇プに大根役者という最悪の実写化。原作者が失望しているという説明が悲壮感を際立たせていた…

Screenshot_20201016_005506.jpg

そんなドラマでも少しでも良くしようと演技をがんばる かな に対してスタッフは冷淡で頑張り様が悲しくなってくる展開だった……

Screenshot_20201016_005505.jpg

しかしここからのアクアがなろう系主人公ばりの活躍で爽快!

自分に才能が無いことを自覚しながらも、アドリブで素晴らしい演出を入れたり、大根役者をあえて挑発して演技に箔を付けさせたり、役者:有馬かな を引き立てる影の立役者となっていた!

Screenshot_20201016_005635.jpg

計算されつくされた演技が有馬かなの無念を晴らし、まるでドミノ倒しを成功させた時のような爽快感ですっきりした!

目的だったDNAサンプルも煙草の吸殻を回収してしミッションは無事達成。Pは父親では無かったがアイの話を聞くために次は恋愛バラエティーショーへの出演も決まり、何だかんだ役者への道を進みそうな感じだった。

そしてアイドル要員としてフリーだった有馬かなも確保w

Screenshot_20201016_011125.jpg

ここでも黒いアクアが出てきて面白かった。

アクアの亡き母のための腹黒さと前世で医者だったほどの頭脳を活かした復讐譚としてこれからがすごい楽しみ!

個人的な評価
★★★★☆



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング
[ 2020/10/16 23:36 ] 【推しの子】 | TB(0) | コメント(0)

現世に転生した新たな人生は推しアイドルの子供…!?「【推しの子】」 1巻 感想 

【推しの子】 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


【推しの子】 1巻 感想です。

かぐや様の作者とクズの本懐の作者がタッグを組んだサラブレッドのような新作漫画。

両作者の作品は読んでいるが、ギャグ寄りのかぐや様の作者の方がストーリー考えているってのが意外に感じた。作風に横槍メンゴ先生っぽさを感じる。


人気アイドルや女優が結婚したとき、時折ネット掲示板で見かける今死んだらその人の子供に生まれ変われるという熱狂的なレスが本当になっちゃったような物語。

人気アイドル「アイ」16歳。そしてアイの熱狂的なファンで産婦人科医の「ゴロー

Screenshot_20200717_012235_com.jpg

フィクションの世界ではしばしばカッコよく描かれる医師が16歳の少女を全力で推すところはコミカルだが、かつて救えなかった少女がファンであったアイドルというちゃんと真面目な理由があった。

Screenshot_20200717_012338_com.jpg


大ファンのアイが体調不良で活動休止というショックなニュースが流れ涙するゴローだったが、患者として目の前に現れたのがなんとそのアイだった!しかも妊娠した大きなおなかを携えて!

Screenshot_20200717_012430_com.jpg

アイは妊娠20週でお腹の中には双子が居た。ゴローは推しのアイドルが妊娠していてさらにショックを受けるも、アイのアイドルとしての決意を聞いてアイをサポートし元気な子供を産んでもらうことを決意した。

なのにどこかでアイが妊娠しているという情報を知った熱狂的なファンがゴローを殺害…

Screenshot_20200717_012614_com.jpg

そして次に目覚めた時はアイの双子の子供の兄「愛久愛海(あくあまりん)」として生まれ変わっていた!

Screenshot_20200717_012635_co.jpg

という現世なのに異世界に転生するレベルで驚くプロローグで物語が始まり、一気に引き込まれてしまった。

しかも双子の妹の方「瑠美衣(るびい)」はかつて救えなかった少女ですごい運命のめぐりあわせ。さらにお互い生前患者と担当医だったという過去を知らない絶妙な関係!

ルビーの方は推しのアイドルの娘として転生したことをいいことにキモオタのように母を押していて面白かった。

エゴサしてアンチとレスバしたり、合法的におっぱいを飲めることを楽しんでいたりw

Screenshot_20200717_012727_com.jpg

子供の存在を隠して芸能界に復帰したアイの人気はうなぎのぼりで、子供たちのお陰でこれまでできなかった自然な笑顔を作れたり飛ぶ鳥を落とす勢いだった。

Screenshot_20200717_013003_com.jpg

世間を騙しながらアイドルを続けるスリルを味わいながらも順風満帆な日々は日常コメディ作品として面白かった。

精神年齢は生まれながらに高いアクアとルビーは身体の方も成長していった。アイのマネージャーの子供という設定で撮影現場を訪れた際は、その早熟した精神から監督の目に留まりアクアは初の映画デビュー。

イキって天狗な人気子役後目に、医師になれるほどの頭脳から監督が求める演技を察して大きな評価を受けていた。イキり子役も負けを認めるくらいに。

Screenshot_20200717_013258_com.jpg

まるでなろう小説を読んでいるような最強エピソードでそういったラノベファンも満足な展開だったと思うw 見た目は子供頭脳は大人な探偵にもバーローとマウント取れそうなくらい頼もしい!

ルビーの方も生前満足に歩けなったため、今は好きだったアイと一緒に踊れるという喜びに生き甲斐を感じているようだった。

しかしゴローを殺害して今日まで捕まってこなかった熱烈すぎるファンが幸せクラッシャーとして再登場…

Screenshot_20200717_013659_com.jpg

アイが最期に子供たちに向けた言葉や愛情が泣けるし、目からハイライトが消えた最期の表情を見るのも辛すぎた…

犯人はその後自殺を図りどうやってアイの子供の存在を知ったのかは不明のままだった。

だが、アクアは自分とアイを殺した人物は同一で、謎の父親は芸能界に居てそいつが怪しいと復讐の炎を燃やしていた。

Screenshot_20200717_013858_com.jpg

ルルーシュを思い出すような執念を感じるシーンだった。

こうして幼年期編が終わり、2巻からの第二章は芸能界編。

最後に高校生くらいに成長したアクアとルビーが登場し新たな物語が始まろうとしていた。


かぐや様とは作風が打って変わり、物語はなんと復讐劇。可愛いけどどこかダークさも感じる作画もマッチし、2巻からもますます面白くなりそうだった!

個人的な評価
★★★★★



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング
[ 2020/07/17 20:53 ] 【推しの子】 | TB(0) | コメント(0)
プロフィール

じゃいろぺりん

管理人:じゃいろぺりん
自己紹介:好きな漫画は ジョジョの奇妙な冒険 や よつばと!、デスノート など。欲しいものは文章力。

最近コメント返信できなくてごめんなさい。

地方在住のため書籍の入手が発売日より1~2日遅れるのが不利。

初めての方はこのブログの説明書をどうぞ。

相互リンクも募集中です。詳しくはコチラを見てください。

ブログランキング参加中。
せっ…せっ…押せっ!ざわ…ざわ…
にほんブログ村 漫画ブログへランキング

twitter始めました。

カテゴリ
ブログ内検索
アニメBlu-ray/DVDランキング
ホビーランキング
ゲームランキング
コミックス,ラノベランキング
コミックスランキング


ラノベランキング