バラ

マンガとかラノベ等の感想ブログ

マンガ、ライトノベル、アニメ等の感想を書いているブログです。漫画やラノベの発売日情報も載せています。

SCMをばら撒いた黒幕が動き出す…!?「奴隷区 僕と23人の奴隷」 6巻 感想 

奴隷区 僕と23人の奴隷(6) (アクションコミックス)
オオイシ ヒロト 岡田 伸一
双葉社


6巻はジュリアがメインのエピソード。主人公サイドの物語はまだのようだけど、SCMを盗んだ黒幕が動き出したり、あの大物が小物のように敗北したり、これまでの流れをリセットするかのような波乱の展開だった。


主人でも、奴隷でも、フリーでもない、謎のSCM所有者の正体を探るために学校に潜入捜査したジュリアと台東フジコだったが、探す前に向こうからアプローチをかけてきた。

まずは通常の主人のSCM所有者「北ミナミ」が放課後呼び出しをかけてきた。

DVC00002_20141028200432171.jpg

一方的にジュリアの正体を知っている有利な状況だったのに、自ら正体を明かすとは意味があるのか馬鹿なのかここでは判断つかず。


リュウオウはこのミナミを拉致する作戦に打って出ることにしたが、その前にジュリアは体調不良で倒れてしまった。

普段の激しいプレイのダメージが溜まっているのかと思えばあながち間違っておらず、リュウオウの子供を妊娠していた…

これは奴隷が主人に心を捧げる第二段階というもので、ジュリアはSCMによる偽りの忠誠心に完全に染まってしまっていた。

DVC00003_20141028200434452.jpg

ここまで来ちゃうといくら本人が幸せでも、一番の被害者に思えちゃうね。虐待されている子供を保護しても親の元に帰りたがるようなものだ。ひどい現状。リュウオウも子供だから、責任なんて取らないだろうし。

どうにか復活したジュリアとフジコは指定された教室に出向くとそこにはミナミともう一人教師で第四の存在「世田谷ツバキ」が待ち受けていた。

名前だけは前にも登場していて、SCM開発者の犬の主人からSCMを盗みばら撒いたこの奴隷ゲームの黒幕だ。こいつが所有しているSCMが特別仕様なため奴隷でも主人でもフリーでもないアイコンを示していたのだった。

J(ジャッジメント)-SCM。他のSCMと違い何かしたチート機能が付いてるんだろうな。

DVC00004_20141028200436cdb.jpg

悪者にらしくこいつの思想は狂っていて、わかりやすいマッドサイエンティスト。拉致作戦もあっさり失敗してフジコはツバキの奴隷になり、逆にジュリアは拉致されてしまった。

それにミナミはあの練馬ムオンの孫で、ムオンを奴隷にしてしまっていた。

DVC00005_20141028200437241.jpg

こんな大物キャラに勝ってしまうとかミナミのキャラがわからんな。ムオンの唯一の弱点が可愛い孫娘だったとかそんなんかな。もっと小さいころから裏で守っていたみたいだし。

敵勢力に囲まれて無理やりSCMの勝負をさせられそうになったジュリアは自らのSCMを噛み砕いて勝負を回避。リスクのある行動だけど、リュウオウ様への忠誠心がなせる技だった。人をここまで壊すリュウオウにはドン引きだねw

だがジュリアは奴隷の第三段階まで来ていて、SCMがなくてもその記憶で勝負ができる状態にまで悪化していたw ドラクエの職業で言えば「いたについてきた」というやつだろうか。

勝負内容は3時間後にどれだけ体重を減らせるかという、怪しげな勝負内容。最近こんな黒い勝負ばかりだw

ミナミは予め錘を飲みこんでいてそれを吐き出すことで大幅な減量に成功。一方のジュリアは血液を抜くことで減量をして勝利。

DVC00007_20141028200438c32.jpg

減量という時点で想像はしていたが、SCMで植えつけられた偽りのご主人様のためとはいえ、黄金の精神が宿ったような覚悟で常軌を逸した勝負する姿に頭の弱いキャラとは思えない凄みを感じた。

また同時に、洗脳とはちょっと違うんだろうけど、今回のジュリアの物語は洗脳されるという怖さがにじみ出ている展開だった。

もしかしたら、これがSCMの効果なのか、あるいはSCMはただのきっかけでジュリアの本心なのかというのも物語のテーマなのかもね。


ジュリアがミナミを奴隷にしたことであの憎きムオンをも奴隷にできたはずで、次なる展開に気持ちが舞い上がったが、ミナミはすでにツバキに用済みで切り捨てられ、ボロ雑巾のようになったムオンはツバキの奴隷になっていた。

DVC00008_20141028203745eeb.jpg

ムオンさん、スペック的には最強だったのにどうやって負けたんだよ。裏の世界の歴戦の老兵の戦い見たかったし。

そしてリュウオウ一派にも何かあったのかリュウオウにピンチが訪れていた。

DVC00009_20141028203746f31.jpg

これもツバキ一味が何かやったのだろうか。

ここまで強キャラ風を吹かしてきたリュウオウも所詮は黒幕のゲームの駒にすぎなかったのか?


ラスボスであってもおかしくないと思っていたキャラたちがボロ雑巾になったり、ピンチに追いやられたり、物語の構図がガラッと変わる超展開った。ムオンはともかくリュウオウはそう簡単にやられるとは思えないからここからの巻き返しも期待!

個人的な評価
★★★★☆



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング

リョウオウVS“あたまがおかしい人”の集団戦が勃発…!?「奴隷区 僕と23人の奴隷」 5巻 感想 

奴隷区 僕と23人の奴隷(5) (アクションコミックス)
オオイシ ヒロト 岡田 伸一
双葉社 (2014-05-28)


前回の引き際で株価が大暴落したユウガさん。“あたまがおかしい人”と名乗る人物の誘いにほいほいと乗り敗北したと言っていたが、実は下種いことにエイアを罠に嵌めるための虚言であり、その目的はエイアを奴隷にすることだった。

DVC00001_20140528211942a46.jpg

1巻では主人公だと思っていたのに完全に暗黒面に落ちてやがる。しかも不条理な勝負で戦いを挑んでくるし、他の数多のクズキャラと変わらないクズにまでなり下がっていた。人柄変わり過ぎて怖いわw 某アナキン・スカイウォーカーもびっくりじゃないのか?

勝負はエイアが逆らえないように、エイアの愛犬ズシオウマルとユウガの奴隷のアヤカの対決。

種目は早食いと聞いてかなりフェアだなと思ったら、食べる対象がナイフとフォークというキ○ガイっぷりを発揮w

DVC00002_20140528211943ee0.jpg

奴隷とは言えこんなものを食べさすなんて、ユウガさんサイコパスだろ… せめて有機物にしとけよ… 直前に氷風呂にも強制入浴させていたし。

ズシオウマルはそれでもエイアのためにナイフとフォークを食べようとしていて、健気過ぎて泣ける…

しかし勝負はエイアがズシオウマルを止めたことで、アヤカが完食して勝利… これはひどい戦いだった…


ところが、調子に乗ってるユウガは本物の“あたまがおかしい人”台東フジコに突然薬物を打たれその状態で勝負をすることになり敗北。ユウガの栄光が一瞬すぎて小物臭が半端ないw

フジコの目的は片想いの相手「シンノスケ」の奴隷になること… あたまがおかしい人という偽名は嘘ではなかった。

DVC00003_201405282119455ef.jpg

どこかの悪魔が言うには、愛は人間の感情の極み、希望よりも熱く、絶望よりも深いものらしいからな…

こんなイカレ女の奴隷になってしまったユウガだが、機転を利かせた方法でエイアが助けてくれたのだった。

エスポワールにでも乗ってそうな裏切り者のクズ男を助けてしまう、エイアこそが主人公だった。

これまでの物語で、SCMを装着せず戦いから一線を引いていたエイアがやっと目的をもって動き出した!

DVC00005_2014052821194633e.jpg

SCMを全て消し去ること。それがエイアの目的。私利私欲のためでなく、皆を救うために自らリスクに身を投じるとか漢らしい。

同時刻かどうかは不明だが、一大勢力を作っているリュウオウ組と悪い意味で期待の新鋭“あたまがおかしい人”組の五対五の戦いが行われようとしていた。

DVC00006_201405282119482d8.jpg

勝負内容は五人の内四人が水中で馬になり、残った一人が馬の背中を渡って25mプールの端まで到着する。途中で水中におちたら負けの「奴隷渡り」

「背渡しリレー」や「因幡の白ウサギ」という名前で普通の運動会でも行われているそうだが、それを水中でやるということ。

これもチーム内の男女比率の違いがあるとはいえ、提案する内容としてフェアなものだった。

ところが勝負が始まってみれば、妨害が始まり、水中であることをいいことにリュウオウ本人が登場して場外からちょっかい出したり、どっちもどっちな騙し合いが始まった。

DVC00007_2014052821492896a.jpg

二重三重と罠を仕掛けていたリュウオウの勝利への執着が面白かった。

不利な戦いを仕掛けられた思わせておいて、狙いはおまけのようなルールの適用。しかも相手にそれを狙わせてからのカウンターでの勝利。相手が正体不明だったというのもポイント高いね。

あたまが~一味を丸ごと吸収合併したリュウオウはGPS上に存在する主人でも奴隷えもない謎の記号の相手を探ることにした。場所は学校でジュリアが生徒として、フジコが養護教諭として潜入していたが、ジュリアが何やら疲弊しきった状態で保健室にやってきたというところで終わり。

満を持して行動開始したエイアサイドと、勢力を拡大しまくりのリュウオウサイド、二つの主要グループが大きく動き出し新展開が待っているのかなと思える巻だった。

個人的な評価
★★★★★



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング

それぞれが奴隷を集める目的とは…「奴隷区 僕と23人の奴隷」4巻 感想 

奴隷区 僕と23人の奴隷(4) (アクションコミックス)
オオイシ ヒロト 岡田 伸一
双葉社 (2013-12-27)


満を持して登場した「リュウオウ」や奴隷「ジュリア」、謎のSCM犬「ズシオウマル」などそれぞれがSCMを使って奴隷を奴隷を集める目的が明かされる巻だった。


だがまずはSCMを持つ新キャラ登場。

強い者には弱気で、弱い者には強気なクズ系男子「港タキオ」はキャバクラでSCM装備のキャバ嬢「渋谷サチ」を偶発的に奴隷にすることに成功した。

SCMの所有者にクズはこれまでも登場してきたが、こいつもこれまでのクズに引けを取らないゲスなクズ野郎だった。

奴隷サチにセクロスを強要して初めてを奪い、キャバ嬢の給料もすべて自分に渡すように言いつけた。さらに自分とのセクロスの感想を原稿用紙3枚にまとめてくるよう宿題まで出す最低な性格だ…

DVC00008_20131228000542043.jpg

今回はこの程度の登場だったが、こいつはゼンイチ同様悲惨な末路を迎えて欲しいな…

ラスボスっぽい雰囲気で登場し奴隷を着実に増やしていく「リュウオウ」は、子供ながら拷問や殺戮が大好きという非常に将来が心配なお子様で、ジュリアは偶然リュウオウの家に居候する形でこの子と知り合ったのだった。そして騙されるような形でリュウオウの奴隷になっていた。

こいつジュリアを奴隷にしたあとは全裸にして乳首に自らピアスを付けさすようなドSで頭がおかしかった…

DVC00011_201312280005456c8.jpg

痛がりながら自分で自分の乳首に穴を明けるジュリアを撮影とか性格悪い。しかも自分の所業に憧れてSCMを持つものを増やしそいつらを皆自分の奴隷にするためにその画像をブログにアップ。

リュウオウ、子供でありながら奴隷を集めているだけあってエグいキャラだわ… こいつもろくな最後を向かえないでほしい。

こんなクソガキがここまでして奴隷を集める目的は借金返済のために違法な風俗で働く母を助けるためだった。そのためには3000万円が必要だから奴隷から金を巻き上げていた。

DVC00010_201312280005445a1.jpg

母を求めている点だけは子供らしいのかな…

母が借金をしている悪の親玉のような男「練馬ムオン」がジュリアが働く店にやってくる機会があり、そこでジュリアはリュウオウの命令で練馬を奴隷にしようとSCMでの勝負をしかけようとした。

が、練馬はSCMのことを知っていてゲームが発生することもなく敗北… ジュリアは火の付いたたばこを舌に押しつけられるという拷問を受けるハメになってしまった…

DVC00013_20131228000546483.jpg

こいつはリュウオウに心酔しているし最後どうなるんだろうか…

この巻のここまでの話は問題アリな人物ばかり登場し読み味の悪い展開だったが、犬視点で語られるズシオウマルの話はいい話だった。

疲労で倒れていたズシオウマルを偶然SCMを開発した大学教授「墨田」が保護したところから物語は始まった。

SCMは元々動物の躾け用に開発されたが、これは人間に悪用できると睨んだ墨田の部下の研究者「世田谷」がSCMを盗んだ上に長年にわたる全ての研究データを削除して逃亡したのだった。

墨田はその責任で大学を去り、残ったプロトタイプのSCMをズシオウマルに託して自殺…

DVC00014_20131228000548ba1.jpg

ズシオウマルは助けて貰った感謝の気持ちで、墨田を自殺に追い込んだ世田谷に復讐を誓い現在に至っていた。

恩はきちんと返す勇敢な犬で、もうこいつが主人公でいいやと思った。

久々に登場した本当の主人公のユウガはなんか突然キャラが変わっていたw

「あたまがおかしい人」を名乗る人物からユウガとリュウオウそれぞれに挑戦状が届いていた。この挑戦を受ける気満々のユウガだったが、エイアは反対した。するとこのゲームにすっかりはまってしまっているユウガは反対するエイアに暴力を振るう始末。こいつもダメだな…

DVC00015_201312280005554fc.jpg

そして描写はなかったが、ユウガがあたまがおかしい人に敗北したことが語られたw 自業自得だし、あんな内容の手紙で何も準備してないわけがなかろうに…w

今回は胸糞悪い展開が多かったが登場人物の背景が明らかになり、これを踏まえての戦いが今後どうなるか楽しみに思う。特にあだ討犬の復讐がうまくいくのか気になってしかたがない!

個人的な評価
★★★★★



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング

えげつない策士リュウオウが姿を現す!!「奴隷区 僕と23人の奴隷」3巻 感想 



2014年に映画化決定だそうだ。実写か?


今回はほぼ全編に渡ってリュウオウの奴隷「中央アタル」が主人公のように描かれた巻だった。

奴隷でありながら優勝な人物であるアタルのおっさんの渋さがかっこよく、ダサい場面もあったがそれすら絵になるキャラであった。

DVC00001_20130828215205b69.jpg

物語の主人公との接触も因縁めいたものがあっていい。

DVC00003_20130828215207a33.jpg


アタルの今回の目的は、犬でありながら人間の奴隷を持つ主人「ズシオウマル」とその奴隷をまとめてリュウオウの奴隷にすることで、とりあえず奴隷ゼンイチの所有権を奪うべく動きだしたのだった。

ゼンイチは前回鬼畜な事をした挙句犬畜生に敗北して奴隷になりさがって基本脳筋キャラだと思っていたのに、SCMのルールをうまいこと使って自分が元々持っていた奴隷をズシオウマルに奪われないよう立ちまわり、アタルの計画の上を行く行動を起こして意外だった。

「ぶっ飛ばせば勝ち」という勝負でアタルは車で弾くという搦め手を使ったことで感心していたのに、ゼンイチは身代わりを使って自分は助かるなんて目を見張る戦いだった。

DVC00004_20130828215208f4b.jpg

頭悪そうなチンピラなのにこんな行動起こして腹立たしいことこの上ない。

アタルはゼンイチを追い、虎の子の拳銃を使ってまで追い詰めることに成功した。

ところがアタルは最初の身代わり作戦の段階ですでに敗北感を抱いてしまっていたことが明らかになった…

DVC00005_201308282152107a9.jpg

たぶんゼンイチを格下と思っていたのに、あんな予想外の行動に出て焦ったんだろうな…

ゼンイチが逃亡したことでとりあえず勝負の結果は保留扱いになっていたが、ここでアタルがSCMを装備すると主人が入れ替わってしまうため、シヲリに自分を拘束させ応援に来たタイジュにゼンイチを奴隷化させることで再びリュウオウの奴隷となった…

アタルは「誰にも影響せず 誰にも影響されず ひっそりと生きたい」と願っていて哀愁も漂っているし、一脇役として終わって欲しくない。


続いて新キャラの章に進み、子供のころ無実の罪を着せられて以来人間不信となりパン工場の夜勤で生計を立てていた青年「品川ゼロ」が登場した。

ゼロは通勤時の河原でSCMでの勝負に負けた父親の敵を討ちたいという謎の少年と出会い、人間不信にも関わらずこの少年を信じて敵討ちに協力することにした。

DVC00006_201308282152116cf.jpg

そしてSCMを装備しての敵の相手はアタル。

勝負はクイズ対決で、頭のいい少年の力を借りてアタルにあっさりと勝利したと思ったら、逆転劇が待っていた…

ゼロが対決していたのはアタルではなく、ひっそりとSCMの付け替えをしていた少年。アタルはただの傍観者であった。

クイズに解答していたのは少年だから、勝負は少年の勝ち。

最初からアタルと少年はグルで、ゼロは奴隷にされるべく騙されていた…

DVC00008_201308282218014ae.jpg

鬼畜な展開だなあ~ 人間不信で人を避けていたのに、この少年と出会って友情物語が始まるのかと期待していたのに、こりゃあんまりだろw ゼロはもう二度と人を信じることができない気がするww

さらに悪いことにこの少年こそが、噂の「リュウオウ」本人であった。

リュウオウガキかよ! こんな子供が大人たちを手玉に取りジュリアにあんな変態的でハードなプレイをさせていたのか…

まぁでもやっと本人が登場したわけだし、主人公たちとの絡みも直接対決じゃなくても近々なんだろうかね。

個人的な評価
★★★★☆



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング

勝負の方法も色々!?「奴隷区 僕と23人の奴隷」2巻 感想 



ジュリアのみが知っていた裏ルールにより奴隷にされてしまったセイヤは、ジュリアの主人であるリュウオウの奴隷になってしまった。

今のところボスっぽいリュウオウの次の狙いはセイヤの元主人である主人公のユウガたちだったけど、SCMを外すとか24時間ルールとか、色々知りつくしていて、どんどん単純な初期ルールだけじゃ勝ち残れないゲームになってきてわくわくの展開だった。

DVC00020_20130426224018.jpg

春のジャマイカのキャバ嬢奴隷の拷問実験にはついに画像が上げられるようになり、その写真から奴隷の正体がジュリアであることが明らかになった…

DVC00022 - コピー

春のジャマイカ=リュウオウというわけだけど、ドSであまりにもえげつない拷問をやっているね… どこにピアス付けさせて、何食べさせてるんだよ… かなりの悪者のようだ。リュウオウの奴隷にだけはなりたくない。

セイヤの主従件がリュウオウに移ったということを看破して、リュウオウに勝つ気でいた。今回主人公サイドの話はなかったが、期待の持てる主人公だと思う。

別サイドの話では、マニア向けの喫茶店のお嬢様キャラのシヲリに自分を奴隷にしてくれとSCMをプレゼンする男が現れていたw

DVC00023_20130426224022.jpg

なるほど。自ら奴隷になりたがるという展開もありかw

しかしこれを使ってしまったのが運の尽きで、別の暴力男に絡まれ奴隷にされてしまった…

暴力男は勝負を挑む前に予め力でねじ伏せその上で、無理やり勝負内容を殴り合いと言わせ奴隷を増やしていった。

DVC00024_20130426224024.jpg

横暴なやり方だけどこんな方法もルール内のようで、頭のいいやり方ではないが結果は確かに出していた…

奴隷になりたがっていた男タイジュはジュリアに助けを求めその仲間の中央アタル
とともにシヲリの解放のため行動を開始した。

ジュリアたちはリュウオウの指示で動いていたけど、ブログといいこいつの目的が不明で、主人公たちとの直接対決が楽しみだ。

最終的にシヲリもタイジュもリュウオウの奴隷になり、リュウオウは賢く奴隷を増やしていった…

暴力男の文京ゼンイチは欲望の赴くまま行動し暴力をふるい、前回登場したルシエたちも無理やり勝負させ奴隷として吸収合併していた。

DVC00025_20130426224805.jpg

だけどゼンイチの暴力の次の対戦相手はシヲリに恩がある犬で、この犬もなんとSCMを装備していた!

骨格が違う犬でも装着可能なんだなw それに首輪のついている犬だしバックに誰かいるのかも。

しかも暴力で犬に負けゼンイチはどうやら犬の奴隷になってしまったようだったw

プライドが許さなそうだけど、ここまで悪逆非道を繰り返せば因果応報だろう。

DVC00026_20130426224806.jpg

今回は主従関係の入れ替わりが激しかったけど、奴隷を使役してさらに奴隷を増やすリュウオウが結局は勝つ結果になっていて、主人公たちのライバルとして十二分な相手だと思った。

主人公たちはほぼ登場しなかったが、おいしいところを押さえているリュウオウの活躍と、ゼンイチの破滅の続きが気になる展開だった。

個人的な評価
★★★★★



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング
プロフィール

じゃいろぺりん

管理人:じゃいろぺりん
自己紹介:好きな漫画は ジョジョの奇妙な冒険 や よつばと!、デスノート など。欲しいものは文章力。

最近コメント返信できなくてごめんなさい。

地方在住のため書籍の入手が発売日より1~2日遅れるのが不利。

初めての方はこのブログの説明書をどうぞ。

相互リンクも募集中です。詳しくはコチラを見てください。

ブログランキング参加中。
せっ…せっ…押せっ!ざわ…ざわ…
にほんブログ村 漫画ブログへランキング

twitter始めました。

カテゴリ
ブログ内検索
アニメBlu-ray/DVDランキング
ホビーランキング
ゲームランキング
コミックス,ラノベランキング
コミックスランキング


ラノベランキング