マンガとかラノベ等の感想ブログ


記事の内容

前へ | 次へ

めだかボックス 第106箱「私には心がありません」 感想
2011/07/16 00:07

めだかボックス 11 (ジャンプコミックス)
暁月 あきら
集英社


今週は喜界島と希望が丘サイドの話だった。

この二人のペアは喜界島による大声のソナーをロボットである希望が丘が解析することで、関門やトラップをスルーして現在トップに躍り出ていた。人見知りで守銭奴の喜界島と人でないアンドロイドの希望が丘は良い組み合わせだった。ここまで高機能な希望が丘にも偶然ソナーは付いていないようだし本当にいいペアだ。

関門を回避できるルートがあるのは少し意外だった。でもそういえば十二町が委員長を相手にしなくてもどうのこうのと言っていたからいいんだろう。

二人はソナーで確認し安全であるはずの地上十階で食育委員長に遭遇してしまった。食育委員長は『猟理人』飯塚食人『超理師』米良孤呑の二人で委員長をしていた。互いにメラリー、ロードと呼び合って仲はいいようだw

画像

喜界島のソナーで感知できなかったのは飯塚が大食いで鍛えた腹式呼吸で逆位相の波を出して打ち消していたからだそうだ。喜界島と同じ特別(スペシャル)だから可能なんだろう。

画像

そして第五関門(1)は料理対決。『超理師』として『理を超えた』料理を出して米良に美味しいと言わせたら合格だそうだ。

対決内容があまりにも普通だね…

希望が丘はロボットで食事を必要としないから料理が下手という理由で喜界島とペアで挑ませてくれと提案し、米良も承諾した。

しかしこれは希望が丘の嘘で希望が丘は味の分析もできるし、数万通りの料理もレシピもインプットされていて料理は得意だった。この世界ではメイドロボの実現も近いのかもしれないねw ロボット三原則は守らないみたいだけどw

さらに希望が丘には食材の鮮度や旬を見分けるセンサーも付いていて栄養学の観点からも食材を吟味できて最強だった。しかしながら心がないから喜界島にはおいしいという気持ちを味見して欲しいと頼んだのだった。心をこめて料理は作れないということだね。

画像

希望が丘は米良がイタリアからの帰国子女という情報から、イタリア料理は馴染みがある分採点が甘くなるだろうと推測して作ろうとした。ちなみにコース料理も一品だからコースもOKだそうだ。でもコース料理は量が多い分失敗した場合、審査員の満腹度で回を重ねるごとに採点が厳しくなりそうな気がする。

さっそく料理に取り掛かろうとした矢先、使わなかった食材は処分すると聞いて希望が丘は料理をイタリア料理から中華料理に変更した。しかもたくさん。

一品というルールに違反したことに「捨てられる食材が勿体ないと思ったからか?」キレる飯塚だが、希望が丘はそうではなく命が勿体ないからと答えた。

それに対し飯塚は食べることは供養になるのかとさらなる突っ込みを入れた。飯塚は食育委員のくせに食糧を粗末にするやつだと思う。

それでもルール違反になるかと思われたが、希望が丘は『満漢全席』を作ったから反側ではないと答えた。『満漢全席』はコースだからルール違反ではない。でも量が激しく多いが、喜界島はちゃんと味見したのかな?w

希望が丘には心と生命がないから偽善と言われようとも、地球上に存在するすべての命を尊重したかったそうだ。これが心なんじゃないかと思うんだけどね。ロボットが心持つという題材の物語はベタだけど感動的でいいと思う。

画像

希望が丘の主張に米良は食べることもなく合格を言い渡した。米良は生きることは食べること、食べることは殺すことそれをわかっている奴の料理が極上でなければ腹を切ると言って、希望が丘を褒め称えた。

希望が丘は一番候補生の中で一番有能な気がする。それに希望が丘がムッシュやマドモアゼルと付けるキャラだったのも意外だw

せっかく作った満漢全席だが2〜3人じゃ食べきれないと考えていたとき、ちょうど球磨川や財部たち4人がやってきた。

仲間たちの「食べてもいいのか」という問いに、希望が丘は「ウィー」と答え、「皆さんの笑顔が私を動かす御馳走(エネルギー)です!」と笑顔で言って終わった。

今週の内容や、かつて球磨川から財部を助けるために土下座したのを見る限り希望が丘には心あるだろう… 心というものの定義はよくわからないけど、あまり機械的という感じがしない。ドラえもんやなのに近いものを感じる。

今回の話の印象は消化回という感じがした。喜界島と希望が丘サイドの話を省力したかったように思う。たった1話で関門を実質2つパスしたことだし。

それと球磨川たちもこの関門にたどり着いたということは料理対決をするんだろうかね。雲仙のときのように何も語られない可能性が高いと思うけど。

そして機械的に考えて次回は阿久根と鰐塚の話だろう。

残る委員長は飼育委員長と美化委員長だ。もしかしたらどちらかは喜界島たちによってスルーされた可能性も考えられるから、阿久根たちがこの勝負の裏で委員長と戦っていても、喜界島たちにもう関門は待ち受けていないかもしれない。

最後に今週のこの話のアンケート結果ヤバイんじゃないだろうか?

カテゴリ:めだかボックス

前へ | 次へ

コメントを見る(12)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン


Powered By FC2ブログ