バラ

マンガとかラノベ等の感想ブログ

マンガ、ライトノベル、アニメ等の感想を書いているブログです。漫画やラノベの発売日情報も載せています。

自衛隊出撃!「怪獣自衛隊」 2巻 感想 

怪獣自衛隊 2巻: バンチコミックス


怪獣自衛隊 2巻 感想です。

早くも第2巻。1巻では豪華客船が謎の巨大生物に襲われ、赴任前の新米自衛官が孤立奮闘するも乗組員は次々と捕食される絶望の展開だった。

2巻でも絶望はまだまだ続き、自衛官としてヒーローのような強い志を持つ主人公「このえ」でも泣いてしまうほどだった。

Screenshot_20201209_020352_com.jpg

ここまで怒涛の活躍で忘れそうになるが、まだ防衛大を卒業したばかりでまだ未熟さを持っていることを思い出させてくれる。

それでも過去に自分を助けてくれた自衛官を思い出して再び立ち上がり、恋人を失った船員から手斧を託され生き残っている人たちのために行動を開始した。

触手がスピーカーを攻撃したことから、触手に目は無く、音に反応して捕食しているということを掴んだのは大きな一歩に思えた。

Screenshot_20201209_020429_com.jpg

物音に気を付けながら手斧で触手を一刀両断する姿は獣を狩るイェーガーだった。面構えが違う。

Screenshot_20201209_020500_co.jpg

そしてこの活躍を前回の迷惑Y〇uTuberが配信していたのは世間の応援の声を集めるのにプラスに働いていた。この命を助けたのにもちゃんと意味があったと感動する。

船内の人に放送で触手は音に反応すると伝え映画館に避難誘導することになった。ちょっと希望が見えてきた。

しかし直後やってきた海保のヘリは撃墜され、未だに自衛隊が来ないことや触手の情報を自衛隊と海保で共有できていないことにはヤキモキする展開だった…

Screenshot_20201209_020859_co.jpg

例え努力で音を抑制しても小さな子供もいる中完全な無音は難しく被害者はその後も出てしまった。政府がなかなか自衛隊を派遣しないことがイライラするレベル。

だが、このえの友達がTVキャスターで船内の様子がお茶の間に流れたことで世間の空気が変わった。

Screenshot_20201209_021231_co.jpg

世間の空気もあって総理はやっと弱腰ながら自衛隊の派遣を決定。

Screenshot_20201209_021313_co.jpg

派遣を決定してもまだ中国のことを気にしていて、ヤキモキした気持ちが消えないの嫌だ…

派遣される自衛官にはもう一人の主人公の「大和令和」もいた。1巻で怪獣に轟沈させられた船の生き残りでリベンジマッチだ。

Screenshot_20201209_021530_c.jpg

このえの活躍で船内のムードも良く、自衛隊も作戦の立案を完了。懸念事項はまだあるが、それでも人類の力を見せつける展開がそろそろ始まるような予感がして3巻に期待だ。

個人的な評価
★★★★☆



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング
[ 2020/12/09 23:18 ] 怪獣自衛隊 | TB(0) | コメント(0)

怪獣でありながら人類のために怪獣と戦う…!?「怪獣8号」 1巻 感想 

怪獣8号 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)


怪獣8号 1巻 感想です。

個人的に待ち望んでいた1巻。この漫画は最近推し。


あたかも地震のように怪獣という災害が多発する日本が舞台の物語。その分、怪獣退治のエキスパート「防衛隊」が存在していて被害は出るが対応はできていた。

Screenshot_20201204_021604_com.jpg

主人公は防衛隊により討伐された怪獣の死骸を解体して街を綺麗にする仕事に就く32歳のおじさん「日比野カフカ

Screenshot_20201204_021619_com.jpg

地震に余震があるように怪獣にも余獣という小型の怪獣が付随して出現するから危険な仕事なのに、名誉を一身に受ける防衛隊に比べ地味で評価されない日の当たらない仕事であった。


防衛隊の中でも実力も容姿も世間に認められ人気の隊員「亜白ミナ」が本作のヒロイン。

Screenshot_20201204_022212_com.jpg

カフカとは幼馴染で幼少期に一緒に防衛隊になろうと誓い合った仲だった。なのに差が大きく開いてしまい、宇宙兄弟のようになっていた。

1巻ではほとんど出番がなかったから、早くカフカとの絡みが見たい。幼少期の約束は覚えているみたいだし。


カフカは解体作業中に防衛隊を志す後輩「市川」と共に余獣に襲われ病院送りになってしまった。

この後輩も面白いキャラで、最初は夢を諦めたカフカを馬鹿にするような態度を取っていたが、カフカの優しさや土壇場で自分を庇ってくれたかっこよさを見て良い相棒になるところが良かったw タイバニみたい。

病院では突然現れた人語を喋るネズミサイズの怪獣に寄生され、カフカはなんと人間サイズの怪獣になってしまう。心は人間のままだから鬼とは違う。見た目と力が狂暴なだけ。

Screenshot_20201204_022134_com.jpg

唯一の理解者は市川だけで他の人間にとっては敵にしか見えない。だからほぼ孤独に近い状態になってしまった。

それでも怪獣の力で他の怪獣を倒し、子供を助けて「怪獣さん ありがとう」と感謝されるところはかっこよく泣けた。

Screenshot_20201204_022440_com.jpg

怪獣になってしまったカフカはその後防衛隊から「怪獣8号」と名付けられ指名手配のような存在になってしまった。未確認生命体第4号と呼ばれた仮面ライダークウガのようだ。だがクウガ同様に自由に人間の姿にも戻ることができ、ひとまず安心だった。


市川と共に受けた防衛隊の採用試験は共に一次試験は合格。実技や適性を見る二次試験に進む。

そこで出会ったエリート少女「四ノ宮キコル」におちょくられながら試験に挑んだが体力試験ではほぼ最下位。

年齢的厳しさや他の受験生の質の面からダブルできつい状況だった。でも卑怯だからと怪獣の力は使用せず、高齢でありながらがんばる姿は応援したくなる。

Screenshot_20201204_023116_com.jpg

カフカは他の受験生が好成績を収める中、その後の試験でも厳しい現実を突きつけられていた。エリート少女も伊達ではなかった。

Screenshot_20201204_023222_com.jpg

ワンチャン可能性があると思われた第三試験も過去2年の怪獣の解体作業の試験から変更され怪獣退治となっていた…

しかし怪獣解体の経験で培った怪獣の弱点の知識などから意外と良い立ち回りをしていた。これならもしかしたらという感じで。

怪獣退治の試験が終了しキコルでさえ油断した時、カフカとは異なる人間サイズの喋る怪獣が突如襲い掛かってきた。この怪獣にはここまで圧倒的実力を見せたキコルでさえ一方的であった…

Screenshot_20201204_023753_com.jpg

討伐したはずの怪獣も強化状態で復活し本格的にヤバイ状況で、キコルでさえ抵抗を諦める中そこに駆け付けたのは当然カフカ!カフカはキコルの前で怪獣に変身して頼もしい限りだった!カッコイイ!

Screenshot_20201204_023922_com.jpg

おじさんがかっこよく活躍する漫画は名作と叫びたい!

世間的に日陰者だったおじさんがその本質を見てくれる人にちょっとずつ認められ活躍していく感じかな。

普段目立たないおじさんが活躍するところでは期待通り活躍をしてみせ、しかも1巻もここで終わるのかというところまでの収録で、物語の見せどころが凝縮された1巻目だった。

個人的な評価
★★★★★



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング
[ 2020/12/04 13:42 ] 怪獣8号 | TB(0) | コメント(0)

平和だった現代日本が突如怪獣に蹂躙される…!? BTOOOM!作者最新作「怪獣自衛隊」 1巻 

怪獣自衛隊 1巻: バンチコミックス


怪獣自衛隊 1巻 感想です。

簡単に言えばシン・ゴジラの主人公を官僚ではなく自衛隊にしたような漫画。たぶんこの後も巨大化する変身ヒーローや五色の戦士も出てこない。

令和X年。沖ノ鳥島に現れたのはシャコ貝のような口を持つ巨大海洋生物であった。

Screenshot_20201109_194901_com.jpg

にわかには信じられない存在に対応に当たった自衛隊もほとんど無力。

それなのに艦長は青年自衛官が進言する魚雷での攻撃を否定。いざという時に武力を使えないとか実際にありそうでもどかしい展開だった。

Screenshot_20201109_194932_com.jpg

そして自衛隊の艦船は何もできないまま轟沈。死者までも出してしまった… 家族自慢していた先輩の死亡はフラグだったがやっぱりこういう展開は辛い。

Screenshot_20201109_195004_c.jpg

さらにその4年後。今度は尖閣諸島に再び巨大海洋生物が出現。意味深な場所に出現するのは面白いw

ここでは海上保安庁の船目撃するがもちろん対処なんてできるわけがなかった… そして領海侵犯をする中国公船が餌食となり乗員も捕食されてしまった。

Screenshot_20201109_195216_com.jpg

防衛大臣はこの事態に自衛隊の派遣を総理に進言するが、総理はそれに否定的で一発で役に立たない人物だとわかるやりとりだった。

Screenshot_20201109_195243_com.jpg

尖閣諸島付近の海上自衛隊の船を出したら中国を刺激するから嫌だって意味がわからなかった。民主〇政権かよ…

被害はさらに拡大し、怪獣が次に向かったのは近海を航海中だった豪華クルーズ船。

Screenshot_20201109_195328_com.jpg

海保の船よりも無力な民間船の乗員600名の命が危機なのに政府の腰が重すぎて腹立たしいレベルだった。

Screenshot_20201109_195322_com.jpg

政府からの支援が期待できない中、船の中には赴任前の新米女性自衛官が居た!

Screenshot_20201109_195425_com.jpg

新米ながら有能で、率先して事態に対応していた。たぶん冒頭の若手自衛官とこの新米自衛官のダブル主人公だろう。

怪獣は舟艇に取り付いていて、いつ沈められてもいおかしくない状況の中よくがんばっていた。

しかし一人の力でできることは限られ、被害は拡大していく一方だった。

結論を言えばまったくの無力でひたすら人類が捕食されていくだけの絶望のスタートだった。

Screenshot_20201109_195507_com.jpg

怪獣の出現に総理が自衛隊の派遣を許可しない中、今ある戦力でどう対応していくのか、最終的にはどう決着をつけるのか楽しみな物語だった。

シン・ゴジラのコピペのような作品になるわけがないし、どう倒すのか期待。

個人的な評価
★★★★☆



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング
[ 2020/11/09 20:55 ] 怪獣自衛隊 | TB(0) | コメント(2)

妙な方向へ覚醒する主人公…!?「淫らな邪教に巣喰うモノ」 4巻 感想 

淫らな邪教に巣喰うモノ(4) (電撃コミックスNEXT)


淫らな邪教に巣喰うモノ 4巻 感想です。

何だかいつもよりも表紙が厭らしい気がする…


さて前回は刃傷沙汰になったり、邪神が降臨したり激しい展開で終わった。

収拾がつかない状況に思われたが、主人公 亨が超常の力を発揮して怪我人を治療してみせあっさり場を収まったのだった。さながらSW EP9のレイのようだった。

しかし治療に力を使ったため隷属させていた少女のギアスが解けてしまった。

DSC_2049.jpg

一度操られたこいつとの関係が今後物語の鍵になるのかな…?

部屋に戻った4人だったがキリオ少年だけは行方不明のままだった。雰囲気的に敵の超常的存在の犠牲になったか、終盤闇の力を手にして再登場というところだろう。

キリオが行方不明となったことで、亨たちは連帯責任で再教育というものを受けることになってしまった。

ちょっとした地獄らしいが拷問を担当するのは見た目は中学生程度の兄妹。名前はまるでゲゲルを始める怪人のようだ。

DSC_2050.jpg

見た目は幼いが実年齢は人間の寿命を軽く超えているようで、その昔佐戸喰い様に代償を捧げてSSRを引いた眷属と呼ばれる存在だそうだ。

拷問されそうだというのに、亨はまるでゲームをやっているかのように緊張感が無く、Mなのか頭がおかしいのか極度の緊張状態で現実逃避してしまっているのかわからなかった。

DSC_2051.jpg

気のせいか、この4巻からいきなり亨がおかしくなった気がする。

肝心の拷問はお察しの通り快楽的なものだったw 超常的な力で手で直接快楽を感じる神経を刺激するというものw

DSC_2052.jpg

教団幹部たちはこれによって知ってることを吐くと踏んでいたらしいw

でも亨はギアスの力をこの妹の方に使用。能力が通じはしなかったが、その力を見た兄妹は亨のことを佐戸喰様の力の器だと崇めるようになり、自らの意志で隷属するようになった。これは脱出もできるレベルで心強い。

DSC_2054.jpg

なのに、ゲーム脳のせいか碌なことを考えずだいぶ心配な展開だった…

その頃姉の方は亨を助けるために伊藤浄導師の部屋に忍び込み、ペンで眼球を狙う奇襲をしていた。

しかし伊藤の身体のほとんどは既に人間ではなく、佐戸喰様に捧げた代用物でできていた。肉眼へのダメージも無効。

で、この姉弟の両親がこの教団の大幹部だったころ捧げたのが母体の中の子供で、その代わりに得たものが、今のこの姉弟だった… だからこの姉弟は人間ではない可能性があるのかな。

そして伊藤は忍び込んだ姉に無理やり子供のを作る行為を迫ろうとしていた…

DSC_2055.jpg

新たな力で遠隔視認能力を得た弟はロリコンの魔の手から姉を守ることができるのかというところで次回に続く。

姉のトイレシーンを見たがる主人公含めて登場人物が狂ってくるのは前作同様なのかな?せめて姉くらいは最後までまともであってほしい。

個人的な評価
★★★★☆



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング

最強同士の対決…!?「やったねたえちゃん!」 2巻 感想 

やったねたえちゃん! 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)


やったねたえちゃん! 2巻 感想です。

元々成人向けのムフフな漫画だったのに、続編として発売されたこの漫画は完全にギャグマンガ。

キャラクターの絵は平成のレトロ感を感じるのに、断面だけは書き込みが激しくて妙にリアルなところも面白い。

家族が増えることにやったねと感じていたたえちゃんの裏人格「たえない子」ちゃん。1巻以上に超常的な振る舞いを見せていた。

遠距離からの狙撃も弾丸を掴んで阻止とかスタープラチナレベルのスピードとパワーと精密動作が必要なレベル!それを難なくやり遂げるなんて時を止めれると言われても驚かないw

Screenshot_20201023_003459.jpg

そして現在の児童養護施設に入園児に元々裏の世界住人の園長先生と対決していたことも明らかになったw

劇中最強同士の対決は手に汗握るバトルでありギャグであった!

Screenshot_20201023_004440.jpg

なんかもうバキのキャラクターとクラピカ、あるいはスタンド使いが対決してるみたいだった。

さてこの最強の人格、何か理由があるらしく、たえちゃんの背中には数字の「6」というタトゥーがあった。こういう少年漫画っぽい設定足してくるところもギャグ漫画的意味で面白い。

今の少年に伝わるかわからないちょっとしたネタも渋かった。

Screenshot_20201023_005035.jpg

前回たえない子に始末された珍走団の兄は反社会的集団で弟の仇を探していた。

Screenshot_20201023_004101.jpg

軽く登場した感じではたえない子ちゃんに勝るとも劣らない戦闘力を持ち、背中にたえちゃん同様数字が刻まれていた。

Screenshot_20201023_005541.jpg

面白そうな前振りを残し物語は次回に続く。

たえない子とこの兄貴の直接対決が楽しみで、まるで格闘バトル漫画を読んでいるような気分になるギャグ漫画だった!

個人的な評価
★★★★★



下のランキングのバナーを押してくれたら励みになります!

にほんブログ村 漫画ブログへランキング
プロフィール

じゃいろぺりん

管理人:じゃいろぺりん
自己紹介:好きな漫画は ジョジョの奇妙な冒険 や よつばと!、デスノート など。欲しいものは文章力。

最近コメント返信できなくてごめんなさい。

地方在住のため書籍の入手が発売日より1~2日遅れるのが不利。

初めての方はこのブログの説明書をどうぞ。

相互リンクも募集中です。詳しくはコチラを見てください。

ブログランキング参加中。
せっ…せっ…押せっ!ざわ…ざわ…
にほんブログ村 漫画ブログへランキング

twitter始めました。

カテゴリ
ブログ内検索
アニメBlu-ray/DVDランキング
ホビーランキング
ゲームランキング
コミックス,ラノベランキング
コミックスランキング


ラノベランキング